<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピンクスライム肉
アメリカ農務省はアンモニア加工をした腐らない肉通称ピンクスライムを
学校給食で使用することに安全性は問題はないと発表しました。


米農務省(USDA)は、通称「ピンクスライム」と呼ばれることもあるアンモニア水で
防腐処理された加工肉について、学校給食で使用されるに当たっても安全性に問題は
ないとの見解を示した。
オンライン新聞のザ・デーリーは先に、水酸化アンモニウムで一部防腐処理された牛肉
3200トンが今春に学校給食として出されると報じていた。

米農務省は声明で「USDAが購入する牛ひき肉はすべて、最高の食品安全基準を
満たさなくてはならない」と指摘。牛ひき肉の安全基準は過去数年でさらに厳格化しており
「われわれが安全に自信を持つ肉しか市場には流通していない」と説明した。

ピンクスライム肉をめぐっては、有名シェフのジェイミー・オリバー氏らが問題を
取り上げたのがきっかけで、消費者の間でも注目されるようになった。
米ファストフード大手のマクドナルド<MCD.N>は先に、USDA認可済みの
アンモニウム処理肉のハンバーガーへの使用を中止している。
一方、USDAと学校当局は、学校給食に使う肉として、サウスダコタ州のビーフ
プロダクツ・インク(BPI)から、「上質赤身加工牛肉」に分類される同加工肉の
購入を計画している。USDAによると、全米学校給食プログラムとして買い上げる
牛ひき肉5.1万トンのうち、BPIの製品は約6.5%を占めるという。

                 (ロイターより)


実際に使用するかは未定でしょうが、さすがに日本にもBSEの対策に問題を
残したまま輸入増を押し付けるアメリカらしい肉に対する価値観です。
ジェレミー・オリバー氏は英国人なのでピンクスライムなど生理的に
受け付けないだろうと思います。

学校給食は日本の某有名私立小学校のようにホテル調達など豪華なもの
でなくコストの限られたものだとしても、それゆえに国や地域の食に
対する本当の教養やモラルが問われるものだと思います。
アメリカの食のレベルの低さってどうなんでしょうか。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。