<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験対策だけで一生の教養になるのか
最近、息子の勉強の進度が急に進んだこともあり教育関係の日記が多くなって
申訳ありません。

私たちがベーベ工房をスタートさせた1998年は一部の直売方式をとる
小さなチーズ職人を除けば小規模な酪農家が生産~スーパーなどへの営業
まで手がけることはレアケースでした。何とか14年ここまで来れたことは
お取引先の理解があってのことですが、品質を前提にした製品についての
説明や資料作成について私に一定以上のスキルがあったということだけは
自負しています。顰蹙を買うと思いますが私は作文と感想文では小学校
時代からどれだけ賞状をいただいたか数え切れない物を書いて表現
することが何より好きな子供でした。

本題に入りますが、群馬は中学受験そのものは盛んではありませんが
最近高等部の卒業生が医学部合格などの実績を出してからとみに県立の
中高一貫校である中央中等教育学校の評価が高くなり実質競争率5倍
という県内屈指の難関校になっています。(息子の小学校からも合格しました)

ご存知と思いますが公立ということで義務教育なので公立の中高一貫校は
私立のような入試と違い「適性検査」という選考が行われています。
但し内容は高度で純粋に学力だけを問う算数国語と違い、一般教養と学力を
備えた上での資料読解力や作文が大きな比重を占めています。

群馬のこの中央中等が開校して8年になり受験塾もある程度対策が立てられるように
なったようで県内の塾のHPを見ると今年の合格者の大半はこの塾から出たようです。
適性試験は確かに訓練が必要な問題なので塾に行くことは当然必要なのですが
ふと気になったのがこの塾が開設している(この講座を取らなければ中高一貫対策クラスに
入れないわけではありませんが)小3からを対象にした読解力の養成講座です。
概要を見ると要は適性試験の作文対策に中学年から目的を持って読むことやその
感想文を将来の受験に備えて書くための訓練をするようです。

さしあたっての目標が中高一貫校の合格で読書力もついてというのは理解できますが
(この学校の受験の実態を知らないと言われるのは覚悟ですが)私はどうもこういう
受験対策としての読書からスタートしたものがどれだけ一生の教養になるのか
少々疑問に思わないでもありません。本来群馬に限らず公立の一貫校は年々難関化する
私立中学受験の弊害を見据えて、お勉強だけでなく家族との会話や実際の生活を
通じて知的な興味や表現力を養いそれこそが真の生きる力の基礎になるという趣旨で
開設されたものですが、本来は親の教養も含めた「自家製」を問うはずのものが
効率の良い塾の勉強で身に着けて回答することに本末転倒を感じてしまいます。
(もちろんご両親も生活の中での会話を大切にしていると思いますが)

文章力や表現力その根幹の感受性は私は家庭環境も含めた本人の資質による
ところが大きいと思います。はっきり言うといくらエリートでもまったく
この方面の魅力ある才能に恵まれない方もいくらでもいます。
そこを無理にトレーニングしてもたとえ受験は合格しても果たしてどこまで
生きる力としての教養になるのか。

都会ではこのような読解講座がぽつぽつとありますが、私の住む市からは
とても通えるものではありません。うちは中央中等の受験予定はありませんが
息子が質問する「年金て何?」とか「「どうしてイチローやダルビッシュなど
一流選手はアメリカに行くの?」とか「どうして原発は海の近くに建てるの?」
という質問にはできるだけ新聞や資料を読みながら一緒に考えることに
しています。受験対策以前の人としての逞しい知的好奇心を育む場には母として
立ち会ってやりたいですからね。一人の人間としてのプライドというか。

一貫校の隆盛は素晴らしいことですが、受験対策が進化しすぎて本来の
趣旨ではなかった金太郎飴のような秀才ばかりが揃ったらジレンマでしょうね。
かつての海軍兵学校~海軍も金太郎飴現象が致命的になったそうですから。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。