<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五度目の判決
2012年2月20日、最高裁小法廷は差し戻し上告審で1999年に起こった光市母子殺人事件の
当時18才だった被告に死刑の判決を下しました。
一審から始った裁判は実に五度目の判決でようやく決着しました。
死刑廃止論者からは批判されると思いますが私はこの判決は非常に妥当な判決だと
ほっとしています。



1999年の山口県光市母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われ、2008
年に広島高裁の差し戻し控訴審判決で死刑とされた大月(旧姓福田)孝行被告(30)=
犯行時18歳1カ月=の差し戻し上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日
大月被告側の上告を棄却する決定をした。上告棄却により、事件から13年近くを
経て審理が事実上終結した。
 少年事件の死刑をめぐる最高裁の判断は、1994年に大阪など3府県で男性4人が
殺害された連続リンチ事件で死刑が確定した元少年3人に対する昨年3月の判決以来。
故永山則夫元死刑囚(97年執行)の第1次上告審判決で最高裁が死刑適用基準を示した
83年以降、少年事件で死刑が確定したのは永山元死刑囚と、92年に千葉県市川市で
一家4人を殺害した当時19歳の元少年(2001年確定)、連続リンチ殺人の3人の計
5人だけ。死亡被害者2人では例がなかった

( 夕刊フジより)


このブログをはじめた当初の2008年4月に広島高裁で差し戻し審で死刑判決が下り
そのことをこの日記にも書いていますが、あれから数えてもすでに4年近く。
事件発生から13年。最愛の妻と娘を殺害された遺族の本村洋さんの精神力の強さ
聡明さ、そして強い正義感にはただただ頭が下がります。
そして本村さんの真摯な努力は、当時の小渕首相の心も動かし犯罪被害者の権利の
確立への扉を開きました。

本村さんは2009年に再婚されたそうです。これからは愛する家族と彼自身の
幸せな人生を歩んでいただきたいと心から思います。

この判決の重さは意外なところで実感しました。直後からNHKを含むほとんどの
メディアが被告の実名と少年時のときと思われる写真を公開したことです。
公開の理由に、死刑が確定し社会復帰の可能性がなくなったことがあげられて
いました。犯行当時18才の被告に対する死刑判決が稀なことですが死刑というのは
もう更正だの社会復帰を考える必要がないことなのだと改めてその意味の重さを
実感したのでした。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。