<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
畜産農家のコンプライアンス
昨年暮のトラクターの修繕費用の請求書が来てその金額に思わず主人に
「飼いえさオンリーの方が安いくらいだね」と言ったら主人が「堆肥の処理の問題が
なければね」とすぐに言い返したのですが、これは主人に軍配です。
畜産農家であるならば誰しもが避けて通れないのが堆肥処理つまり家畜の排せつ物の
適切な処理です。

家畜の排せつ物の処理について農林水産省のHPにはこのように記されています。(抜粋)

家畜排せつ物は、野積みや素堀りといった不適切な管理によって悪臭の発生要因と
なったり、河川や地下水へ流出して水質汚染を招くなど、環境問題の発生源としての
側面を有する一方で、たい肥化など適切な処理を施すことによって、土壌改良資材や
肥料としての有効活用が期待されるなど、農村地域における貴重な資源としての
側面も有するものといえます。
このため、
(1)野積み・素堀りを解消し家畜排せつ物の管理(処理や保管)の適正化を図りつつ
(2)家畜排せつ物の利用促進を図ることにより

健全な畜産業の発展に資する目的で、『家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に
関する法律』(家畜排せつ物法)が平成11年に制定され、同年11月1日に施行されました。
  
                       (農水省HPより)


この法律に基づいて私たちも堆肥処理のための施設を作りました。
この法律に違反すると最悪は警察が介入して罰金なとの刑罰の対象になります。

畜産農家は安全で美味しい牛乳や肉や卵、さらに私たちのように加工をしている
場合は製品を作ることが一番大切な仕事ですが、その大前提としてのコンプライアンス
遵守の筆頭に上げられるのがこの家畜排せつ物の法に則った処理と、食品衛生の基準を
満たす生産物の管理ではないかと思います。

この法律の施行前のことですが、私の住む市(当時は合併前で隣の村でしたが)で
大規模な法人経営の養豚農家で素掘りにして処分(いわゆる垂れ流し状態)していた
糞尿が住民の飲用に供するための水源に流れ込み、数日間にわたって周辺住民が
水道水を使えず、給水車が出て警察が出動する大事件になったことがあります。
被害住民の中に主人の叔母もいて、給水車が大行列で寒い中こちらの家までポリタンク
を抱えてきていたことを思い出します。この会社の社長が後にこだわりの豚肉のために
という内容で業界紙でもっともなことを語っていた記事を見て最低限のことは守れよ
と思った人間は私だけではないと思います。

家畜の排せつ物や堆肥の処理はそれ自体が収入になるわけではない仕事です。
でも生産の大前提としてこのコンプライアンスを遵守できない畜産農家はいかに
良質な生産物を世に出してもモラルを問われ近隣トラブルを抱えることになります。
だから家畜の排せつ物と堆肥の処理はどんなに忙しくても私たちもやっています。
自慢でも何でもなく畜産農家として最低限のコンプライアンスだからです。

ところで何でこんな当然のことを書いたかと言うとある方がしつこくコメントで
今は廃業したこだわりのモッツァレラチーズを作っていた農家のチーズは
冷蔵保存でなくてもうちのような冷蔵保存のチーズより遥かに素晴らしい
あなたの味覚は(作るのは主人なんですが)たいしたことはないと書き込みを
してきたからです。廃業された方ですし情報源である関係各所に迷惑をかけたくないので
詳細は書きませんが、いかにこの方が絶賛するチーズを作られていたとしても
あの「悲劇」の以前からこの農家が家畜の汚水の処理を巡ってたびたび下流の
住民とトラブルになってその他にもトラブルが多くモラルに疑問を持たれていた
ことをこの方はご存知なのでしょうか。
嗜好は自由ですが、チーズのことにそこまでこだわるならその基本部分の
畜産農家の最低限守るべき責務とコンプライアンスにも目を向けて意見して
いただきたいと思います。特に家畜排せつに関する部分は牧場を始めてまもないから
大目にみろということはできない法律問題ということも知って発言して下さい。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。