<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと愛用したいから
私の作る日常の料理に欠かせないのが福島の西白河郡の蔵元
大木代吉本店の料理酒です。天然のアミノ酸が豊富なこの料理酒は
プロの愛用者も多い逸品で私はもう10年以上ずっと愛用しています。

料理酒
                 (画像はお借りしました)

現在手元にあるものはすべて平成22年度以前の米で仕込んだものですが
今後もずっと使い続けたい者としては今後の原料の米の安全性がどうしても
気になるため、いつも楽天ショップで購入している同じ白河の食材店に
今後の料理酒のことを問い合わせました。スタッフはとても誠実な方で
醸造元に米の作付けや安全性のことも含めて納得のいく資料をいただいて
私の方に連絡をすると約束して下さいました。

私が消費者として直接蔵元に問い合わせたらと思われるかもしれませんね。
私もそれがベストだと思いますが、同じ生産者として米の安全性に揺れており
今年の米の作付けができるかも不透明な福島の状況を考えると、蔵元も
辛くないわけがないと思い、おそらくこの蔵元と付き合いが長いと思われる
この地元の小売店から聞いてもらうことにしたのです。群馬の私ですら去年の春先
電話で消費者と言う方から電話でいきなり「おたくの商品は放射能大丈夫?」
と聞かれたときはかなりナーバスになりましたから、そのあたりの機微を考えました。

原料米や水、そして製品そのものから放射性物質が不検出であれば私は今後も
ずっとこの料理酒を使い続けるでしょう。ずっと使いたいものだからこそ同じ
生産者として蔵元への配慮も自分なりに大切にしたいと思いました。

福島でアミノ酸の多い料理酒に向く酒用の米を作り、失敗を重ねながらも
一般の日本酒では代替できない料理酒というジャンルの日本酒を作り上げた
この伝統ある蔵元がこれからも安全にこの逸品を作り続けることができますように。

追記
  販売店からとても誠実な回答の電話を頂きました。
  蔵元は現在ある酒のすべての検査をして不検出を確認してボトル詰め
  及び出荷をしているそうです。来年は原料の米を山形で作付けするとの
  ことでした。非常に明快で誠実な回答に納得しました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。