<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jerusalem
イギリスの基本的な宗教はプロテスタントである英国国教です。
(日本では聖公会。立教大学や聖路加病院の宗派。私もこの宗派のクリスチャンです)
イギリスにはスタンダードな賛美歌の他に愛国歌とも言われる英国国教固有の賛美歌が
あります。そんな曲のひとつがこの「エルサレム」です。



この曲は1981年のアカデミー賞作品賞に輝いた名作「炎のランナー」のラストでも
演奏され耳にされた方も多いのではないでしょうか。
去年四月のイギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式でも全員によって
荘厳に歌われました。

歌詞はウィリアム・ブレイクの詩から取られていて一部を紹介します。
炎のランナーの原題 Chariot of fireはこの詩の
一節からとられています。

Bring me my Bow of burning gold:
Bring me my Arrows of desire:
Bring me my Spear: O clouds unfold!
Bring me my Chariot of fire!

ぼくの燃える黄金の弓を
希望の矢を
槍を ぼくに ああ 立ちこめる雲よ 消えろ
炎の戦車を ぼくに与えてくれ

         (Wikipedia より)

誰かがイギリスはこの曲の他にも国民が辛いとき歌うことで心を保ち前を向く
ことのできる愛国歌を持っていて羨ましいと書いていましたが、私もそう
思わないではありません。私はこの「エルサレム」は小さい頃から耳にして
いましたが、国境を越えて心を打つ素晴らしい曲だといつも思います。
「絆」という言葉を繰り返すよりもこの詩の一節を口ずさむだけでも。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。