<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェークスピア劇場を覚えていますか?
NHKで1980年から約4年かけて37作品が放映された、イギリスのBBC製作の
「シェークスピア劇場」。リアルで見てはっきり内容を覚えている方は立派な中年。(笑)
私が高校3年から放映が始まり、受験生にもかかわらず毎月1回の土曜日のテレビに
かじりついていました。大学時代はコンパを休んでも見ていました。

何せ製作はBBC。英国の威信をかけて、国を代表する役者達が演じています。
字幕の翻訳は日本のシェークスピア研究の第一人者、小田島雄志先生。
本当に豪華で本格的なシェークスピア劇。これがただでテレビで鑑賞できる日本に感謝
しました。(余談ですが、だから私はやみくもに子供にテレビは見せるなという意見には
反対です)

先日DVDがないか検索したら、丸善が37巻全巻を出していました。ただしお値段は
50万以上!さすがに断念しました。(個人で購入された方もいるそうです)
小学校の国語で「リア王」の一部を学び、そして母にねだって買ってもらった戯曲集。
年頃の常で「ロミオとジュリエット」もう少し成長してからは「ベニスの商人」が好きでした。

高校3年~大学生ともなれば、「ヘンリー六世」などの史劇、「マクベス」「ハムレット」などの
四大悲劇も、「十二夜」などのコメディも堪能できる年令で、本当に良い時期にこのシリーズ
に出会えたと思います。
小田島先生の洒脱な翻訳も素晴らしい魅力でした。あの訳でシェークスピアのユーモアの
センスを理解できたと思っています。

ハムレットやマクベスの有名な台詞だけでなく、笑えてうなずける台詞がたくさんあります。

 例えば 「どんなに嫌らしい醜い欠点も、人の目には美しく見えるものなのね。
       年300ポンドの収入があればね」(ウィンザーの陽気な女房達)

 と女性なら妙にリアルに(?)響く絶妙な台詞もあります。

 また「ヘンリー六世第三部」では国王エドワードがのちの王妃エリザベスを口説く場面で
     
      「率直に言おう、余はそちと寝たいのだ」
 という子供への説明に困る台詞もあります。

シェークスピアの魅力は私が言うまでもないことですが、人間の本性を実に巧みに描いて
いることだど思います。嫉妬、金銭欲、恋愛、老耄......。
50才くらいで亡くなったシェークスピアが老人のいやらしさを「リア王」でさんざん描いている
ことは驚嘆に値します。

今からこつこつ貯金して、全集買おうかな。
還暦になった自分がシェークスピア劇をどのように感じるか想像しただけでわくわくします。

ベーべ工房を始めて時に弱気になる夫を叱咤激励してきた自分が、あの悪女マクベス夫人に
重なったこともあります。
このシェークスピア劇場はずっと心の中に残っていたんだなあ、とおいしい紅茶を
いただきながらしみじみしています。

カミングアウトすると、このシリーズでハムレットとリチャード二世に扮したのが英国の名優、
サー・デレク・ジャコビ。大学生の私は彼の演技にぞっこんでBBCあてに辞書を引きながら
青臭い演劇論を書いたファンレターを彼宛に出しました。
約二ヵ月後。自筆の長文のお手紙とポートレートがご本人から届き狂喜しました。
彼のハムレット解釈にも触れられた心のこもったものでした。
デレク・ジャコビは1994年に「サー」に叙爵。現在も名優として活躍しています。

東洋の小娘の心を虜にした彼のハムレットを見て俳優になったのが、ケネス・ブラナー。
後にケネスが映画でハムレットを演じ、彼の強い希望でクローディアスを演じたのが
デレク・ジャコビです。あのシェークスピア劇場で人生が変わった人もいるのですね。
今の若い方にも一度は観て頂きたいシリーズです。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

突然のコメント失礼します。
とても共感できます!!
ジャコビさんからお返事頂けるなんて、すごいですねっ!!
思いが伝わるステキなお手紙を送られたからと存じます。

実は、私もBBCへお手紙書きました。BBCはお返事くれましたが、役者さんからは頂けませんでした・・・。でも、「お友達には内緒にしてね!」とNHKからポスターを送って頂いたときは、嬉しくて嬉しくてー。第一回目の「ロミオとジュリエット」に衝撃を受けた
あの夜は今でも忘れません。当時私は、小学4年生でした。

オープニングの音楽勿論覚えてらっしゃいますよね?
あの音楽聞くと、胸が高鳴ってわくわくします。

また見たいですね!!
イギリスのアマゾンでは、2~3万円?ぐらいでDVD販売しているようです。私はまだ、購入してませんが。ご参考まで。
れいちぇるさま
初めまして!コメントありがとうございます。こちらこそ共感して
いただけて嬉しいです。れいちぇるさんは小学生でもうシェークスピア劇場を
見ておられたなんて凄いですね。
私も第一回のロミオとジュリエットはよく覚えていますよ。
ジュリエットはレベッカ・セイアーが演じていましたね。
実はデレク・ジャコビと彼女にBBC付けで手紙を書き、しかもお二方から自筆の
お返事をいただけるという幸運でした。
レベッカ・セイアーは私への手紙に「現在、大学に進学する準備
中で、女優に進むかは迷っている」と書かれていました。
その後の活躍を聞かないのでもしかしたらあの作品だけかも
しれません。イギリスのアマゾンでは割と安く手に入るのですね。
貴重な情報をありがとうございました。またれいちぇるさんと
シェークスピアをお話できれば嬉しいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさま
コメントありがとうございます。私の我流のシェークスピアの記事に共感いただけて本
当に嬉しいです。
私もあの頃は大学生の小娘で十二夜などが良く理解できなくて
残念です。BBCの俳優さんのことは良く知らないのですが
「ヘンリー8世」を演じていたジョン・ストライドはイギリスで勲章を受けたと聞きます。
BBCではありませんが「ロミオとジュリエット」は1968年の
オリヴィア・ハッセー版より1954年のローレンス・ハーベーと
スーザン・シェントール版の方が(YOU TUBEでも見られます)
正統派です。彼女もこれ一作で引退。
私見ですが、ジュリエットは若さと美貌の「素材」勝負。この
大役で燃え尽きてしまうのかもしれません。
個人的にはマクベスとオセローが好きです。(^^)
鍵コメさまの励ましで近く「ロミオとジュリエット」のエントリーを書ければと
思います。これからもシェークスピアのお話を
お聞かせくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。
DVD
はじめまして。私も高校時代にテレビを見ていた者です。
俳優さんの名前や、ファンレターへの返事をくれる様子など、
貴重なエピソードを嬉しく読ませて頂きました。

ドラマは俳優達がものすごく上手くて、
どうみても60歳近いおばあさんがティーンの娘役を演じたりしてませんでしたか?
2月に放映されたマッケランの『リア王』は、映像の雰囲気が微妙に舞台っぽくて、
このドラマシリーズを意識してるように思えました。
やはり私も日本語訳でもう一度見たいドラマシリーズです。
Pennさま
初めまして。コメントをありがとうございます。
高校生の時にあのシリーズをご覧になったということは
私と同世代でいらっしやるのかなと嬉しくなります。
受験勉強で見られないこともありましたが
やはり素晴らしい作品が多かったですよね。
字幕版で本場のイングリッシュを聞くのもいいのですが
やはり吹き替え版がもう一度見たいです。
ところでこのシリーズではないけれどリズ・テイラー
とリチャード・バートンの「じゃじゃ馬馴らし」も
大好きです。考えてみればバートンも一流の
シェークスピア俳優だったのですね。(^^)
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。