<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酷評
ダルビッシュ夫人の紗栄子の本がアマゾンのブックレビューで酷評されていると
ネットのニュースで出ていたので野次馬根性で見てみると本当に酷評コメント
ばかりで、紗栄子本人より編集のMOREの担当者の感想を聞きたくなりました。
本のタイトルは

「Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方 」

酷評レビューの多数意見である身勝手、ただの自己中、ダルビッシュのおかげで
有名になっただけだろう、できちゃった結婚~すぐに離婚騒動を恥ずかしくないのか
という感想に私もまったく同感。(笑)

昭和ヒトケタの親に育てられた来年50才のおばさんの私はどうにも紗栄子的な
生き方には共感できません。嫌いだと言ったほうが正確ですが。
私はダルビッシュ投手はもちろん彼が東北高校のエースだったときから
天が二物を与えた才能の持ち主として好きでしたが、紗栄子については
ダルビッシュのできちゃった結婚の報道で始めて知りました。
少なくとも、女優の才能が認められて有名になったわけではないでしょう。
子供を二人産んでもママさんタレントでいられたのはひとえに夫のダルビッシュの
才能と知名度があってのことだと思いますが。

できちゃった結婚して、夫婦仲がこじれたときに努力もせずに離婚だと騒ぎ
莫大な慰謝料と養育料を請求して未だに離婚問題も解決せず、子供を産んでも
センスがよくお洒落なママである自分に酔っているような生き方は私も
多くのレビュアーと同じく嫌いです。往年のアメリカの人気女優
ゴールディ・ホーンのようにオスカーを獲るほどの才能もあり
結婚が上手くいかなくなったら相手に自分で慰謝料を払って別れて
新しい人生を歩んでいくような潔い女性には共感しますが。

私など40過ぎて息子を産んだので、息子の勉強や仕事そして日々の家のことで
もうヘロヘロで紗栄子の言うようなお洒落な自分をひけらかす元気はとてもありません。
でも息子の勉強が大きく成果が出たり、思いもかけず児童文学の素晴らしさに私まで
夢中になったりそんな日々は決してセレブでお洒落なママではなくとも少なくとも
知性はなくなっていないという充実感を感じます。

本当に世代の違いでわからないのですが

 大して仕事の実績もないまま会ったばかりの相手とできちゃった結婚をしたり

 子供が乳児のうちから離婚だと大騒ぎで法外なお金を要求したり

 とてもママとは思えない幼稚なスタイルで二流の仕事をしておしゃれな生き方と自慢したり

することは今の若いママさんからみると素敵な生き方なんでしょうか。
子供が可愛そうだと思う私が古い人間なんでしょうかね。ヨタ記事を申し訳ありません。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。