<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャイコフスキー 「戴冠式行進曲」
愛車のインサイトで最近よく聴いているのがチャイコフスキーの管弦楽組曲三番
ですがそのCDに収録されているのがこの戴冠式行進曲です。

チャイコフスキーの代表作は交響曲やピアノ協奏曲第一番や三大バレエ曲などで
これらは彼の人生を賭けた名曲ですが、その他政府高官からも信頼されていた
彼は盛大な国家行事向けの曲もいくつか残しています。
この戴冠式行進曲は1883年に挙行されたロシア皇帝アレクサンドル三世の戴冠式
用に作曲されたもので五分ほどの曲ながら華麗で勇壮な名曲に仕上がっています。



この曲の中間部では当時のロシア国歌「神よツァーリを護りたまえ」とデンマーク
王室歌の旋律が出てきます。何故デンマークか?と思われる方もおられるかも
しれませんので少し説明を加えたいと思います。
理由はアレクサンドル三世の皇后マリア・フョードロヴナはデンマーク王女だったから
なのです。彼女は結婚前は通称ダウマーと呼ばれた明るい気性の美貌の王女でした。
皇帝夫妻の長男がロシア革命で処刑されることになる最後の皇帝ニコライ二世です。

ヨーロッパ王室の面白さは天皇家と違って国際結婚が一般的なことです。

このロシア皇后マリア・フョードロヴナの姉がイギリス国王エドワード7世の
王妃アレクサンドラで現女王エリザベス二世の曾祖母にあたります。
だからロシア皇帝一家とイギリス王室は親戚ということになりますがこの縁が
ロシア革命後多くのロシア皇族や貴族が革命軍に殺される中、皇太后と
なっていたマリアとその娘たちの生命を助けることになりました。

革命が進行しとうとう皇帝ニコライ二世一家全員が惨殺される中
母の皇太后マリアや皇帝の妹たちはクリミアに幽閉されますがそこに
果敢に救助に向かったイギリス海軍の軍艦は母のアレクサンドラの必死の
懇願を受けた息子であるイギリス国王ジョージ五世が差し向けたものでした。
余談ですが従兄弟ということもありニコライ二世とジョージ五世は酷似した
容貌として知られています。

奇跡的に救出された皇太后マリアたちは一旦パリに落ち着いた後故郷の
デンマークに帰り人生を全うしました。皇帝だった息子一家の惨殺をなかなか
受け入れられなかったマリアですが、生来の明るさや社交性は年を取っても
多くの人に愛されコペンハーゲンの城には来訪者が絶えなかったようです。

アレクサンドル三世夫妻の子孫は残念ながら男系は絶えましたが
娘たちを通じ50人以上の子孫が残っているそうで多くはデンマークに
在住されているそうです。

チャイコフスキーがこの曲を捧げ華やかな戴冠式が行われたときはまさか
その後の革命もソ連の成立も皇后の数奇な運命も予想できなかったこと
ですが、この曲にも描かれたデンマーク王室の縁が現在まで繋がっている
ことに血と縁の不思議さを感慨を持って聴いています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。