<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心までは汚染されたくない
今日の朝日新聞の一面にも下記のようなニュースが掲載されていましたが
ある程度予測されていたことかもしれませんが、西日本や北海道もまったく
放射能汚染がゼロではないということが科学的に立証されたことを、東日本
以北のものは絶対に食べないとそれらの地域の農産物をまるで穢れたものの
ようにブログ等で書いたり、生産者たちを貶めるような表現をする方々は
どのような気持で読まれたのでしょうか?


東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質のうち、半減期が約30年と長い
セシウム137が3月20日からの1カ月間に中部や中国、四国地方の山岳地帯や
北海道の土壌に沈着した可能性があることが分かった。米大学宇宙研究協会(
USRA)や名古屋大、東京大などの国際チームが14日までに行ったシミュレーションの
結果で、米科学アカデミー紀要電子版に発表される。これらの地域の大半は人体に
影響を及ぼしたり、除染が必要だったりする汚染濃度ではないと推定される。
ただ、局所的に濃度が高いホットスポットが存在する可能性があり詳細な
調査が必要という。
                        (時事通信より)


ここからはあくまで私個人の感じていることなので不愉快になられたらご容赦ください。

先日、このブログで放射能モンスターとも言うべき人々の極端な(と私は思う)
言動について書きましたが、ごく一部なのでしょうが特に乳幼児を持つ若い母親の
度の過ぎた放射能に対する反応にはこれでどういう子供が育つのか一人の親として
老婆心ですが心配しております。

彼女たちの共通点は20~30代の専業主婦であの武田邦彦教授を疑いもなく
信頼して、元々の性格なのかもしれませんが攻撃的な表現をブログ等でしている
ことです。(頭脳と教養の程度は不明ですが)私が特に気になるのはこのような
母親が平気で子供の前で、「関東の食べ物は危ない・汚い」と日常的に口に出し
(既に年端も行かない子供が平気で人前で親と同じことを言っていることもあります)
食べ物やその作り手に感謝や生産者の苦しみの理解などはカケラもない言動を
子供の前で繰り返していることです。

私とて放射能汚染に鈍感なわけではありません。有害物質の排出に効果がある
良質な味噌や海草は毎日食卓に上りますし、息子にだけはミネラルウォーターを
夏の間摂らせて来ました。でも息子は生産者である私たちの背中を見ていますし
少なくとも特に福島の農家は本当にかわいそうだということは息子に語っており
息子なりに福島の農家への同情を作文に書いたこともあり食べ物を作ることへの
感謝は教育してきたつもりです。

特に幼児の放射性物質の摂取は大人以上に気をつけるべきことだとはほとんどの
人間が理解していることです。無理に関東以北のものを食べろとは言いませんが
物心がつくかつかないかの頃から、食べ物に感謝するどころかまず疑えということを
教え込まれた子供が人間として性格が悪くならないか非常に気になるところです。
放射能汚染の不安がなくなるには数年単位かかるでしょう。それだけにせめて
生産者がどのような思いで苦しんでいるのか、汚染の恐怖と共に一抹でも子供に
伝えられない母親の人間性と人としての教養の程度に静かな怒りを感じています。

きっと私は彼女たちから見ると汚れた食を作るどうしようもなく意識の低い
農家なのでしょう。でも私はあの母親たちのように心の内部被爆とでも
表現したくなるような言動はしたくありません。

福島の子供たちの健康状態をこの先長く国が観察するそうですが、このような
都会にいて異様なまでに放射能ママ化している母親の子供の心の成長についても
長期的な調査が必要かもと失笑交じりに考えています。
こういう母親は汚染が心配と幼稚園などの行事も頻繁に休ませているようですが
義務教育である小学校はそうはいきませんからね。

母親歴たかだか7年の私が言ってもちゃんちゃら可笑しいですが、子供の健やかな
成長にはまず母親が周囲の人間を信頼し、心を開く真の強さが必要な気がします。
名門私立小学校4年生におなりの日本一やんごとないお子様とその母君の登校にすら
苦しまれるお姿を報道で聞くたびに失礼ながらその思いを強くしています。
毒舌で申し訳ありません。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。