<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言葉というもの
鉢呂経済産業大臣の辞任は決して彼や民主党のシンパではありませんが
少々不可解なものを感じて後味が悪いです。

問題になった「放射能をつけるぞ」という短い発言についても大手新聞社
だけでもこれだけ表現が違います。



① 読売新聞
『着ていた防災服の袖を取材記者にくっつけるしぐさをし「ほら、放射能」
と語りかけていた』
②朝日新聞
『記者団に「放射能をつけちゃうぞ」と発言していた』
③産経新聞
『記者に防災服の袖をすりつけるしぐさをし「放射能をうつしてやる」などと発言した』
④FNN
『防災服の袖を取材記者の服になすりつけて、「放射能を分けてやるよ」などと話し』
⑤毎日新聞
『報道陣に対し「放射能をつけたぞ」との発言』
⑥日経新聞
『報道陣の1人に袖をすりつけ「放射能をつけてやろうか」と冗談まじりに述べた』

報道によると夜になって福島から戻り、防護服のまま議員宿舎に戻った鉢呂氏に
向かってある記者が「防護服着たままですか?」といかにも放射能が大丈夫か
的な発言をしたそうで、それに大して鉢呂氏が短く応答したことが大きく報道された
ようです。

最近、言葉に重みがなかったり人としての資質を問うような発言を公の場で行う政治家
が増えたと思いますが、今回の本当に福島を貶めるような発言が報道通りにあったか
疑わしい鉢呂氏の「事件」より個人的には安部政権時代の柳沢厚労大臣の
「女は子供を産む機械」の方がずっと人間としての資質を疑いました。

民主党の支持が低迷する中、こうやってわざとちょっとした発言を大きく報道して
政治の足を引っ張るようなマスコミが大手を振ってまかり通ることは政治の停滞を
招き、こういうことが積み重なれば政治家がオフレコとしてもきちんとした
信条を本音で話さなくなったり、報道規制に繋がったり誰の特にもならないと思います。
政治家も気心の知れた記者にうっかり本音も話せなくなった怖さを感じます。
政治家が言葉の重みを自覚するのは当然ですが、マスコミも言葉狩りはやめて欲しい。

私のようなただの農家の主婦ですら実は仕事上の悩みや本音は回りのほんの
二~三人にしか話しません。特に放射能についての考え方などは。
それから私は実際の会話やメールなどで「けいさんにだから話しますが」という枕詞つきで
話す方はあまり信用しないことにしています。小さな酪農家とはいえF1牛の専門牧場
への販売価格や取引先のこと、安全性への取組みなど重要事項はたくさんあります。
仕事の結果を評価される前に、ちょっとした表現をあれこれ言われて疲弊することは
避けたいですからね。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

Japanese poem
鉢呂大臣の「死の町」発言が物議をかもしているようだが、あれは軽率な発言か。
彼が歌詠みをしたとすれば、彼には罪がない。現在・現実を語ったとすれば、彼は真実を述べている。
彼の哲学・理想を述べたものとしては、受け入れられない。だが、彼は日本人だから未来を語るはずがない。
今回の物議は、聞く人の想像による、あやふやな心理効果による騒ぎである。
まともな議論のできない国民の騒ぎである。
ここに民族性に基づく深刻な問題を露呈している。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
状況と文脈
柳沢氏の発言や森氏の「子どもを産まない女は年金を受け取る資格がない」
といった明らかな差別発言もありますが、
人の発言を考える場合、
状況と文脈で判断しないと意味が伝わらないものです。
卑近な例ですが、新婚の妻が夫にからかわれて「ばかぁ!」
(要はじゃれ合っているだけ)と言うのと
冷え切った夫婦の夫の言葉に腹を立てた妻が「ばかぁ!」と言うのでは
言葉は同じでも意味は全く違います。
鉢呂氏がどういう文脈で発言したかわかりませんが、
・福島原発事故の終息が緊喫の課題
・短中長期にわたる震災復興プランの策定、
 及びそれに必要な法改正
 (現在通った法以外にも改正が必要な法はあるはず)
・安定した政権(1年に何回も変わったりしない)
国民は以上のことを望んでいるはず。
それを言葉尻だけ捕らえて政権を揺るがすような記事を書く
マスコミには本当に腹が立ちます。
マスコミは一体何がしたいのでしょうね。
こういう追及は誰のためにもなりません。
nogaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
私は今回のマスコミの取り上げ方はちょっと
違和感を感じました。福島のことをやたらと明るく
言えばいいのか?ではないと思いますよね。
一言「この町の復興のために頑張る」
とつければよかったんでしょうが。福島とマスコミ
双方に評価される表現は難しいと感じています。
Ri~naさん
森さんには神の国発言もありましたよね。

鉢呂さんは旧社会党系の地味な議員。
これが花形大臣ならこういうオフレコは
流れなかったと思います。

それがいいこととは思いませんが小泉さん
以来マスコミは人気政治家なら批判どころか
さらに支持率が上がるような持ち上げ方をしていると
感じます。

政治家のやるべきこと結果責任でしょうに。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。