<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生産者の立場からですが
京都市へのバッシング、一転して提唱した大分の工芸家への批判
何より対応が二転三転した送り火用の陸前高田市の松の木の件ですが
検査の結果放射性物質が検出され、使用中止となりました。

送り火用被災松からセシウム 一転使用中止 京都市発表

 京都の「五山送り火」で、東日本大震災の津波になぎ倒された岩手県陸前高田市の
松でできた薪(まき)を燃やす計画で、京都市は12日、市が取り寄せた薪500本に
ついて放射能検査をした結果、放射性セシウムが検出されたと発表した。
市は記者会見で「科学的根拠に基づき、誠に残念だが断念せざるを得ない」と説明。
16日の五山送り火で燃やすことを中止するという。

 市によると、薪の表皮から1キログラムあたりセシウム137が588ベクレル、
セシウム134が542ベクレルの放射性セシウムがそれぞれ検出されたという。
この問題では、放射能への不安の声が一部の市民から寄せられ、大文字保存会が被災松の
受け入れをいったん中止。そこで市が別の薪を取り寄せ、大文字をはじめとする五山の
各保存会が送り火で燃やすことを了承していた。

asahi.comより引用


私は生産者の立場として、冷たいと批判されるかもしれませんが放射性物質の検出された
松を送り火として使用することを中止した京都市の対応は間違っていないと思います。

群馬も微量ですが放射性物質が検出されたり、自身の原乳からは不検出でもセシウム牛肉で
非常に精神的にも緊張している現在、感情的な、つまり鎮魂のためとか被災地の心を
無下にするのかという意見だけでリスクのあることをすることには個人的に反対です。

ずっと思っていたのですが震災後まもなくの「東北を食べて応援」という熱に浮かされた
ような風潮がセシウム汚染牛が多数流通したことで一転して消費者は福島・宮城だけでなく
群馬も含めた東日本の農産物に厳しい目を向けるようになり、私自身かなり張り詰めた
日々を送っています。放射性物質に関することはすべて感情論だけでなく検査結果など
客観的科学的根拠に基づいた行動をとるべきだと考えております。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。