<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バラの死
優れた芸術家は時に一つの芸術から衝動的なインスピレーションを得て
憑かれたように一気に後世に残る名作を作り上げることがあります。

フランスの振付家ローラン・プティがマイヤ・プリセツカヤに捧げた
「バラの死」もまさにそのような作品で、ある日映画館でヴィスコンティの
名作映画「ベニスに死す」を観たプティは全編に流れるマーラーの交響曲第九番の
「アダージェット」に衝撃を受け映画館を出るなり創作にかかったと伝えられています。

そして彼にもう一つインスピレーションを与えたのが英国の詩人
ウィリアム・ブレイクの詩「病めるバラ」でこのバレエはブレイクと
マーラーが限りないイマジネーションをプティに与えて創作された作品です。

ウィリアム・ブレイクの詩集「経験の歌」 から「病めるバラ」
(壺齋散人訳)

  病気のバラよ
  見えない虫が夜にまぎれて
  嵐のような羽音をたてつつ
  お前のところに飛んでくるや

  緋色に輝き喜びに満ちた
  お前の花びらをベッドにしたのだ
  虫の暗くてひそかな愛が
  お前の命を滅ぼしたのだ

プリセツカヤの名演はこれ以上はないものだったので誰が踊りついでゆくか
気になっていましたが、ロシアのマリンスキー劇場が誇るバレリーナ
ロパートキナが彼女独自の解釈を加えて立派にプリセツカヤの跡を
踊っていることに安堵とこの上ない喜びを感じました。



青年の激しい愛が薔薇の命を奪ってゆくという愛というものの悲しさを描いた
このバレエにはプリセツカヤと同じく無下に舞台で媚びた笑顔を出さない
クールなロパートキナの個性が栄えます。
そして、踊りと共にマーラーのアダージェットも堪能して下さい。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。