<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栴檀は二葉より芳し
栴檀は二葉(ふたば)より芳(かんば)しという格言があります。

天才や優れた才能の持主は子供の頃から早くもその才能が
輝いているという意味ですが、現在70才になってもピアニストのトップに君臨する
アルゼンチン出身の女流ピアニスト、マルタ・アルゲリッチの貴重な幼少時の
演奏を聴くと本当に格言どおりだと感嘆します。



演目はモーツァルトのピアノ協奏曲第20番。9才の時の演奏は音声こそ悪いですが
この内省的な大曲を9才の少女がここまで芸術性豊かに演奏していることに
心底感動しました。いわゆる子役的な演奏ではなく一人の芸術家として。

アルゲリッチは私が誰よりも好きなピアニストです。
アルゼンチンに1941年に生まれた彼女は15才で二つの国際コンクールを制覇。
1965年のショパンコンクールで優勝して以来現代最高のピアニストとして
活躍しています。恋多き女としても有名な彼女の演奏はあくまでも正統派で
ありながら彼女ならではの色気すら感じさせるもので、昔レコードの解説書で
評論家が彼女を

  ブリリアントだけどナチュラル

と評していたのはこの上なく至言だと思います。
彼女だけでなく、ブーニンやキース・ジャレットなど幼少時から神童と謳われた
ピアニストも子供時代は、「ママにやらされていた(ブーニン)」「レッスンを
サボって遊びに行こうとすると母がピアノを売っちゃうよと言っていた」
(キース・ジャレット)」「ステージママだった母がすごかった(アルゲリッチ)」
と彼らとて普通の子供だったことがわかり微笑ましく思います。

それにしても天才少女が70才過ぎても天才であり続け今も恋愛の
噂も絶えない見事な生きっぷりにただただ憧れを捧げるのみです。



これが最近の同じ20番。彼女がモーツァルトを公開演奏するのは非常に希少です。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。