<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えざる敵
数百頭規模で市場に流通し既に消費された肉も多いセシウム汚染牛の問題。
一時のオーバーに言えば国を挙げて福島頑張れ!被災地を食べて応援しよう!
と熱に浮かされたように応援フェアをやっていた頃は、異論を唱えると叩かれ
そうな気配だったので、福島の農産物の安全性への疑問を口に出すことは
遠慮していましたが、稲わらの放射性物質の数値の高さを聞くとやっぱり
出荷の自粛を大規模にかけるべきだったと思います。

群馬も一昨日、家畜保健所から改めて家畜の餌や飼養管理についての
注意が書かれた配布物が届きました。群馬も恐らく農水省から稲わら等の
放射性物質の数値の調査を行うように指導がされると思います。
福島や宮城の畜産農家も稲わらを売った農家も原発事故の被害者だと重々承知していますが
今になって事が発覚するまで餌の稲わらを外に置いていた農家も多いとの情報に
いささか管理が杜撰だったと思わざるを得ないことが残念です。

正直申し上げると、私たちのお取引先でもオーガニック系の会社などで
微妙に関東の農産物を消費者が忌避しているのではと思わざるを得ない
ケースがあります。私たちは(恐らく個人の酪農家ではレアケースと思いますが)
原乳の放射性物質の検査を受け安全性を証明することに取組んでおりますが
関東の生産者として数値的には何も問題がないのに見えざる敵と向き合っているような
非常に精神的な重圧を感じています。

農産物の放射性物質の検査が始まった当初、宮城県知事が「我々は被害が甚大な
県なので検査は免除して欲しい」と語ったと当時の新聞に出ていましたが
被災県であること食の安全確保に取組むことはまったく別次元の問題です。

負けずに頑張ろう!と今の状態に対して声高に叫ぶつもりはありません。
当分続くであろう猛暑から牛も人間も健康を守り、必要な安全証明があれば
検査を受け安全でおいしい牛乳と製品を粛々と作るだけです。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

同じ肉牛に携わる者として、大変、遺憾に思います。もう少し、行政やJAの技術員が、事前に指導できなかったものか。
もう、この失墜した信頼を回復するには、完璧な調査と時間しかないですね。肉牛関係者は、今年一杯、いや、来年も大変でしょう。
こればっかりは、サムライでも撫子でも、どうすることもできないです。
信頼が回復される(消費が回復する)まで、生き残るだけです。
cowboyさん
誰かが掲示板に「頑張れ福島」のお礼がこれかよ
と書いていましたが同感です。
群馬でもかなりこの汚染肉は来ていて市場は下がって
いるようです。3月に福島県の畜産課はどういう指導を
していたんでしょうか?宮崎の和牛にまでこれ以上
波及しないよう祈っています。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。