<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安心・安全の伝え方
期待していた特集だったのでアマゾンで届いてすぐに読んだ雑誌「販促会議」
(宣伝会議出版)でしたが生産者の立場としては若干物足りない内容でした。

理由はスーパーなど小売向けの記事だとしても原発問題が拡大する中
安心・安全をどうやって客観的根拠を持って伝えるかということと
東北支援のイベントやフェアを混同していま一つ記事にインパクトがなかった
からです。やはり農業に詳しい編集者がいないと難しいのかもしれません。

スーパーの社長や店長、バイヤーの知識と見識にかかるところが大ですが
私は、これだけ放射能汚染が広がる中、生産者には同じ立場として十分に
同情的な立場の私ですら放射能汚染の値がとうなっているか気になります。
もちろん店頭にあるものは安全だとわかっているのですが、簡単でも
店頭でちょっと踏み込んだ表示があるととても安心します。

たとえばワカメなど三陸の海産物。高濃度の汚染水が海に流出して
被災地応援と言っても気にならないわけではありません。
こういうとき実際数値とともに、海流は福島から関東方面に流れて
いて三陸にはいかないなど小さく売場に海図でもあればとても安心です。

販促会議を読んで感じたのは応援フェアなどの企画力は小売側に
お任せしますが、結局小売側がいかに高いモラルと客観的に安心・安全を
説明する能力を持った生産者と普段から関わっているかで消費者からの
支持が決まるということです。

心情的は100%東北を支援したいと考えている人間が大多数と思います。
それだけにメディアも小売もそして生産者自体もイベントで訴えることと
科学的根拠と真摯さを持って安全を発信することは別の次元で考える
必要があるように感じています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。