<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツルゲーネフ 「はつ恋」
12才だった私に大人の世界を垣間見せてくれた作品が二つあります。
絵画ではクリムトの「接吻」そして文学ではツルゲーネフの「はつ恋」です。

ロシアの文豪ツルゲーネフの自伝的作品ともいわれる「はつ恋」は16才の
ウラジーミルが別荘地の隣に住む21才の没落貴族の令嬢ジナイーダに初めての
恋をする物語ですが、ただのロマンティックな物語ではなく淡く抑えた表現の
中に退廃的で背徳的な香りを感じる名作です。

はつ恋 (新潮文庫)はつ恋 (新潮文庫)
(1987/01)
ツルゲーネフ

商品詳細を見る


彼女を崇拝する5人の男たちとウラジーミルを女王様のように翻弄するジナイーダ。
混乱しながらも彼女がいなければ何も手に付かない日々。
恋する者特有の嗅覚でジナイーダにはかなわぬ思いを寄せる相手がいると
気づいたウラジーミルはその相手が誰あろう彼の父親だったと知る。
ウラジーミルの見たものは苛立った父親が振り下ろした鞭に
打たれた白い腕に悲しげに、でも陶酔した表情で接吻するジナイーダの姿でした。
そしてラスト。五年後大人になったウラジーミルは結婚した彼女を尋ねますが
四日前にドーリフスカヤ夫人は難産で亡くなったと聞かされたところで幕となります。

この鞭の場面はは多くの読者がそうであるように12才の私にとって
衝撃的で理解にあまるものでした。そのときの不可解な気持ちは心の
どこかずっと残っていて、自分なりに理解できたのは20代も後半に
なってからのことでした。これだけ長い時間を惹きつけるこの作品は
やはり名作なのだと思います。

物語の後半、ジナイーダの父への恋を知り苦い苦悶の中でのウラジーミル
の独白が秀逸です。



みすみす自分の前途を台なしにするのが、どうして恐ろしくなかったのだろう?
そうだ、とわたしは思った、――これが恋なのだ、これが情熱というものなのだ、これ
が身も心も捧げ尽すということなのだ。・・・・・・そこでふと思い出されたのは
いつかルーシンの言ったことである――『自分を犠牲にすることを、快く感じる人も
あるものだ』》(ツルゲーネフ 「はつ恋」 神西清訳)

「はつ恋」は私の中学時代の読書感想文の課題作にもなっていたと記憶しています。
いくら現在の中学生が早熟だといってもこの作品はきっと惹きつけられながらも
手に余る不可解な存在だと思います。でもできれば思春期のうちに読んでこの
作品をきっかけに、大人の世界を垣間見て恋とはこういうものなのかという
疑問を長く持ち続けて欲しい作品です。

ドミニク・サンダ

  1971年に映画化されジナイーダをドミニク・サンダが演じました。 
  神秘的で透明感ある美貌はまさに理想のジナイーダです。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

残念ながら原作は読んでいませんが、水野英子さんがマンガ化したものを小学生の時に読みました。(なんて早熟なガキだったのでしょう)
マンガでも鞭のシーンは強烈な印象でしたね。このマンガに魅かれて原作を読んだ方もいらっしゃるみたいです。
私も原作読んでみようかな。
Ri~naさん
私が最初によんだのはロシア文学の大家
米川正夫さんの訳で表紙がこの映画のスチール写真でした。
だからイコールドミニク・サンダなんですね。
コミックスにもなっているとは知りませんでした。
多分高学年以上向けなんでしょうね。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。