<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予約生産のありがたさ
ベーベ工房のチーズとヨーグルトはほとんどがお取り扱い下さるスーパーなどに、直送させて
いただいています。
また週1回ずつヨーグルトとチーズを生産していますが、全て予め納品数をFAXでお知らせ
いただきいわゆる予約生産をさせていただいています。
これは本当に有難い方法で、牛乳は組合に出荷している私達は、牛乳を無駄にすることなく
ヨーグルトとチーズを製造することができます。
このシステムをとらせていただけたからこそ、私たちがここまでやることができています。

バターだけではなくバイオ燃料や豪州の干ばつの影響で穀類や大豆の価格も高騰し、
さらに四川省の大地震などもあり今までのような農作物の安定供給も危ぶまれています。
飼料作物の高騰もあり、個人的に最近は食糧の自給率アップのことを本気で考えるように
なりました。

そんな中、ある小さなパン屋さんのHPを見つけました。
その店主が「パンの価格を上げさせていただくことになりました。これをきっかけに全て
国産小麦に切り替えることとしました」と書いておられました。
そして「私達ができることは小さいですが、少しでも小麦の自給率をアップさせたい」とも。

本当に小さな一歩でもこうやって業務用に使われる方が、予め予約という形で年間に使う
量を予め農家(もしくは所属の農協に)予約するシステムがもっと一般的になり、生産農家の
収入の安定&アップが確実に見込まれればかなり小麦や大豆の自給率も上がると思います。
天候不順などもあるので使う側は次の段階の材料の入手先を書確保する必要はありますが。

1993年に米が不作でタイから輸入米が入ったことをきっかけに、実家では一年分のお米を
生産者達が作るグループに予約して作ってもらっています。
全国に生産者の会員がいて九州のお米も東北のお米も新米の季節になると届きます。
あの「米騒動」はかなり強烈な印象で、あれからこのようなシステムで米を予約している方も
おられるかと思います。
あの頃はまだ独身で会社員で、予約で作るシステムがどれだけ生産者に有難いか想像でき
ませんでしたが。

外国産の方が安いから。という理由だけで今までは輸入ばかり増えて自給率は40%を
割り込むまでに落ち込みました。
でもどんどん食糧危機に備えるかのように米や小麦の輸出規制をかける国が増える中
今までのようにお金さえ出せば食糧を輸入できる時代ではなくなりました。

どこの国でも最良の農業政策は「安定継続的に農業が続けられること」だと思います。
あの小さなパン屋さんHPは予約生産というかたちもこれに貢献できる、強力な手段に
なりうるのではないかとうことを考えさせてくれました。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。