<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果だけで責めて欲しくない
津波に飲み込まれ児童の7割が死亡・行方不明になり所用で早退した校長と
奇跡的に助かった男性教諭以外の全員の教職員が死亡した石巻の大川小学校の悲劇。
6月4日、二回目の保護者への説明会が行われました。



東日本大震災の津波で在籍児童74人が死亡、行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校は
4日夜、同市内で、震災後2回目の保護者説明会を開いた。避難の経緯を調査した
市教育委員会は、地震から避難開始まで約40分かかったことを明らかにした。
説明会には保護者70人が出席し、市教委や柏葉照幸校長が調査結果を報告した。
市教委によると、大川小では地震発生から津波が来るまで約50分あった。
しかし、児童が教職員の誘導で避難を始めるまで約40分かかった。教諭が児童を
校庭に集めて点呼を取ったり、一部の児童が迎えに来た親と帰宅したりした際名簿との
照合に時間がかかったという。同校は地域の避難所に指定されており集まった
住民への対応に加え、教諭と住民との間で2次避難先の話し合いをしたため
避難に手間取ったとしている。 避難は上級生を列の前にして、校舎から
約200メートルほど離れた北上川の橋近くにある土手に徒歩で向かった。
しかし、途中で津波に襲われ児童108人のうち68人が死亡、6人が行方不明となった

                 ( YOMIURI ONLINE より)


地震発生から避難開始まで40分ほど校庭で点呼などをしていたことや
何故裏山からすぐに避難しなかったのか、津波がきたときの避難先を
市で決めていなかったことが取り返しのつかない結果を招いたという非難を
保護者だけでなく一部のマスコミやネットでの投稿で多く見かけるたびに
たとえ検証的には正しいとしても辛くやりきれない気持ちになります。

私が保護者だとしても、やり場のない怒りを学校や教育委員会にぶつけると
思うので、えらそうなことを言える立場ではないと重々承知しておりますが
当事者ではないマスコミやネットの住人が亡くなった教師を無能呼わばりしたり
この教師たちが子供の命を奪ったと言わんばかりの論調で死者を鞭打つような
罵りには憤りを感じます。

大川小の教師が悪いという方々の多くは、学校管理下にあった生徒児童そして
幼児の犠牲がゼロだった釜石市と比べて大川小の対応を非難していますが
(私も釜石の奇跡についてこのブログで触れたことがあります。↓)
釜石の奇跡とて平時から避難訓練をしていたから助かったという生易しい
状況の中で成し遂げられたものではないということを資料を見れば見るほど
痛感します。大川小の教師の判断にも反省すべき点はあったと思いますが
釜石の子供犠牲者ゼロの方が、ありえない奇跡だったのではとすら感じます。

釜石が繋いだ未来への希望ー子ども犠牲者ゼロまでの奇跡

二度と悲劇を繰り返さないための検証はとても大切ですが、津波に巻き込まれて
奇跡的に助かった児童や、保護者が迎えに来て助かった子供たちにも助かった
男性教師にも今の段階であの日のことを詳しく証言させるようなことは慎むべきことです。
大震災後の被災者の心のケアの必要性を繰り返し報道するマスコミが
再発防止の美名のもとに、生き残った大川小の教師や生徒に対しどうして
見方によっては酷い仕打ちをするのか、報道を見るたびに怒りすら覚えます。

私は結果だけを見て、鬼の首を取ったように当事者を非難する生き方には
嫌悪感を感じます。現在の政治もまさにそう。
大川小の亡くなった教師たちを罵倒する保護者以外の第三者に
問いたい。「あなたが教師だったら全員の子供が助かったのですか?」と。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

特に今回のような規模の震災では、日頃の避難訓練の成果を称えることは大いにすべきですが、避難時の連携の不手際を責めることは出来ない、ましてや、個人攻撃はすべきではないと思います。無論、反省は成されるべきですが。
全く同感です。
生き残った先生方はたたでさえ傷ついています。
保護者から責められるのは仕方ないとしても
マスコミが云々騒ぎ立てるのは
傷口に塩を塗りつける行為でしかありません。

先生方も被災者です。
ご家族が死亡・行方不明の方もいらっしゃるでしょう。
ただでさえの教員不足。
心無き中傷で先生方を潰さないでください、
と切に思います。
cowboyさん
津波のない群馬ですらどんなに訓練していても
震度6のあとさらに余震が続く中冷静な判断を
というのは至難です。想定外と安易に使いたくは
ありませんがあの巨大な津波は想定外だったと
思います。もし責めるなら海岸近くに学校を
作った行政ですよ。
Ri~naさん
校長は娘の中学校の所用のために午後は早退。
これは責められるべきではないでよう。
生き残った教師はたった一人です。
いくら50代でも保護者の前でまるで裁きを
受けるような「尋問」はないと思います。
本当にほんの少しの運命が明暗を分けます。
せめて当事者以外の人間は絶対に彼や生き残った
児童を悪く言うようなことはすべきではないと思っています。
誰を思っても胸が締めつけられます…
突然いきなりのコメント、失礼いたします。
この件、私も「なんとかならなかったの?」と最初思っていました。
主にNHKを見ることが多いのですが、致命的だったのは、逃げようがない土地というか地形だったように思いました。
裏山にしても急な崖すぎてとても小学生が登れる避難路にはなり得なかったようです。当時は雪も積もっていたので尚更です。

このブログ記事の頃だったか。。。9時のニュースの中の特集で、助かった子ども2人が親と一緒にインタビューに応えてくれていました。
五年生の男の子は、高台に避難しかけたものの波がもうそこまで来ていたので、「逆に逃げろ!」と言う先生とあと数人の子供たちと、その裏山に登ったそうです。
でも、小さい子たちは雪で足が滑って上がれなかった。。。
男の子自身も水に浸かり、それでも木の根に掴まり、そして流れてきた何かが当たり後は意識を失っていたそうです。(今もまた泣ける)

全員で向かった高台も波にのまれたそうなので、何かもっとできたんじゃ?と思っても厳しい…
学校が地域の避難所だったのも、結果として不幸だった… 
あとひと月でお盆ですね。
みずほさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。

本当に痛ましい悲劇ですね。想定外という言葉を安易に
使いたくはありませんが想定外としか言いようのない
津波だったと思います。結果論として裏山に上ればもっと
助かっていたかもしれませんがそれとても普段の訓練が
なくては難しかったと思います。

教師を責めてもどうなるものではありません。
せめてもの供養に教訓を生かした政策を心から望みます。
またまたお邪魔いたします
熱中症でお加減が良くないのに返信コメントをいただいて恐縮です。無理をなさらないで下さいませ。

実は、先日の牛肉の汚染について検索をしていてこちらのブログに出会いました。
他の記事も興味深く、読みふけってしまいました。ほぼ同学年のようで、そのせいか「そ、そ、そ、そうよね!」と感じることが多々あります。文章読みやすいですね!
うちは転勤族で、群馬(高崎市)にも住んでいました。一番の記憶と言えば暑かった~~!事と、からっ風が冷たかった~~!事か。。。あ、いえそれだけじゃないですが。。。
今は神奈川(相模原市)在住の主婦です。ここ数年専業の。

ところで、横浜市の学校給食ですが、出荷制限解除以降今まで福島産の牛肉と野菜合わせて5種類だったか…の食材を使用していた、とTVKで放送していました。ここの所が微妙で、ただ、使用しないことを決めた、と報道するのとでは、なんというか「もう子どもが食べちゃってるじゃん!」というショック度が違うと思います。
キー局の報道は特に放射能について、穏便に穏便にぼかして伝えていますね。意図は解るけど。。。スーパー名も店舗もわかっていると思いますが。東京から遠い高知だったか徳島のスーパーは映像で出していました。
とにかく大人はいいけど子どもは守らないといけないのに。歯がゆい気持ちです。うちは子どもはいません。

長文、失礼いたしました。
みずほさん
みずほさん、同い年なんて嬉しいです。これからも
仲良くしてやってください。宣伝のようで恐縮ですが
相模原の伊勢丹に納品しているのでよろしければ覗いてやって
下さると嬉しいです。

今日の記事にも書いたんですがまた風評被害も含めて
牛肉が叩かれそうで暗い気持ちになってしまいます。
いつになったら終わるのでしょうか?ちょっと泣きが入りそうです。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。