<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群馬でも牧草禁止
昨日、群馬の5地点で測定した牧草からの放射性物質の検査ですが
富岡と太田では基準値を下回りましたが、高崎と前橋、館林では
ヨウ素は基準値を下回ったもののセシウムが上回り組合から
青刈りの牧草の給与をしないように緊急連絡がありました。
(それ以前から県を通じての指導はさなれています)

基準値は

   乳用牛 (搾乳牛及び初回交配以降の牛)  単位 ベクレル / キロ

    放射性ヨウ素 70  放射性セシウム 300

   肉牛についてはヨウ素は農産物の出荷制限のされていない地域のもの
   セシウムは300となっています。

具体的数値(セシウム)は各地点で以下のような結果でした。

 前橋 750  高崎 500  館林 440

埼玉でも基準値を超えていたので概ね想定内の数値でした。
何十倍という数値ではなかったので少しほっとしました。
牧草は野菜と違い洗わないで与えるので規準が厳しいのです。

3月11日以前にラップをかけて保存していた牧草の給与は
可能ですので与えます。後は購入の輸入牧草となります。

組合からは補償を求める算定の基礎にするため牧草を刈取り
ロールにするように指示が出ています。
風評被害ではなく実害なので補償はされると思います。

青刈りの牧草を与えている農家には農協を通じ指導が出ます。
それを守らない場合は最悪、集乳をしないというペナルティが
課されることになると思います。

予想の範囲内なので落ち込んではいません。
安全な牛乳を生産すること。なすべきことはこれだけです。


 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

けいさんが先々を読んで、落ち着いて仕事をされている姿勢を見て、私はずっと励まされ続けています。
けいさんのような地に足のついた姿勢が、今一番重要なのだと思います。
Ri~naさん
気まぐれな商売よりは気分的には楽です。
新たな爆発が起きない限り群馬は大丈夫だと
思います。海ナシ県をうらめしく思うこともありましたが
現在は津波もなくよいところだと思えるようになりました。
そのような気持ちの変化もプラスになっているように思います。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。