<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガーシュウィンのこと
アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィン(1898~1937年)。
私が好きな作曲家です。

バッハやショパンほど好きか?と聞かれればそうでもないのですが、何というのか
「ガーシュウィンの音楽じゃないとダメな気分」という時がたまにあります。
けだるいような、それでいて幸福感があって、でもちょっと感傷的な気分のことって
きっと誰にでもあるのではないでしょうか。

ガーシュウィンの音楽の特徴はなんと言ってもブルーノート。
説明するとブルースなどに使われる音階で3音と7音つまりミとシが半音ずれた音を
持つ音階です。
だから端正というよりちょっと着崩したようなイメージかな。

CMでもよく使われる「ラプソディ・イン・ブルー」やジャニス・ジョプリンもカバーした
「サマータイム」「ピアノ協奏曲ヘ長調」などが代表作です。

私がガーシュウィンを好きになったきっかけは1980年代に美人姉妹のピアノ・デュオで
人気だったラベック姉妹のレコードです。
オーケストラではないピアノによるこれらの曲は彼女たちの音楽性と魅力と相まって
忘れられない印象を残してくれています。

「ブルー」というのは青いという意味ではなく「ブルーな気分」のブルー。
けだるくて、物憂くて。
ガーシュウィンの魅力はそこに凝縮されてます。

彼はアメリカ人ではなくユダヤ系ロシア移民の息子でした。
その彼がアメリカを体現する曲を残したことに不思議さを感じています。

ラベック姉妹のピアノ協奏曲はCDはないようです。もう一度聞きたいな....。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ブルーノートはとても好きです。^^ブルーノートというタイトルのCDは何枚も持っているのに、ブルーノートがなんたるか、3音7音・・・ってのは、今知りました(笑)。そーだったのか!と叫びつつ、なにが「そーだったのか」よくわからないけど。^^;ひとつ落としたようなブルーな感じはわかります^z^
ブルーノート
コメントありがとうございます。シャンティさんも
ブルーノートお好きなんですね。
ガーシュウィンは他にもラグタイムも自分流にアレンジして素敵な曲があります。話は変わりますが、「ボレロ」で名高い今は亡き伝説のダンサージョルジュ・ドン。彼もアルゼンチン出身ですがロシア移民の子供です。何か芸術的なDNAがあるんですかね?(笑)
ガーシュウィンです ♪
初めまして、 ガーシュウィンと申します ♪
 ハンドルネームを、ガーシュウィンとするからには、
 私も、 ジョージ・ガーシュウィン大好きですよ!

そちらは、 牛3頭ですか?
こちらは、 犬3頭です。
趣味がドックショー0とクラシックバレエの、 ピアノの先生です。
ジャズが好きで、 特に、ジョージです!

 あっ、 そうそう、 うちのゴールデンレトリバーのジゼルが
 多分、明日かあさってくらいに 出産なんですよ♪

牛乳・ヨーグルト・チーズ・豆乳 毎日、少しずつ挙げてるんですよ。
ゲンキでカルシウムっ子で、愛される子たちが生まれてくれると、嬉しく思います。  ♡

こちらの方でも、 おまちしておりますので、
冷やかしに来てくださいね。 ♪
私が、ガーシュインを聴き始めたのは、ウディ・アレンのマンハッタンの全編に使われていたのが、きっかけです。オープニングの白と黒の世界と、ラブソディーインブルーは、あまりにもマッチ過ぎていて、その映像に、吸い込まれそうになりました。

ラベック姉妹のピアノ協奏曲が、あったのですか!それは、知りませんでした。確かに、在庫は、無いですね。アメリカのアマゾン.コムには、出品がありますね。値段が、ちょっと、強気ですね。
http://www.amazon.com/gp/offer-listing/B00000E2JS/ref=dp_olp_1?ie=UTF8&qid=1211645423&sr=8-5

はじめまして
JohnClarkさんはじままして。コメントありがとうございます。映画「マンハッタン」私も昔、見ました。
マリアル・ヘミングウェイがチャーミングでしたね。
ガーシュウィンはバランシンにも「フーケアーズ?」というとても素晴らしいバレエの小品
がありますし、小粋な魅力がありますよね。
ラベック姉妹のモーツァルトの協奏曲は15年くらい前に買いました。個人的には彼女達には
ガーシュウインやストラヴィンスキーの方がぴったりだと思いました。
でもあのアマゾンでの値段!今でも隠れファンが多いのでしょうか?
またお話したいですね。今後ともよろしくお願いします。
けい さん、ご挨拶が、抜けました。失礼しました。
はじめまして。よろしく、おねがいします。

アマゾンの値段が、強気のなのは、なんでしょうね。ちょっと、なぞです。


大事なことを、書き忘れました!

Manhattan -Soundtrack
http://www.hmv.co.jp/product/detail/62388

LPとCDを持ってますが、ジュリアードで、ピアノの指導を、行っている、ゲーリー・グラフマンのソロで、NYPに就任して間もない、ズビン・メータの指揮による、贅沢なサウンド・トラックです。値段も安いし、オススメします。
申し込みますね
John Clarkさま。貴重な情報をありがとうございます。
マンハッタン、サウンドトラック出てるんですね!
申し込んでみます。あの映画の当時私は高校生。
今見たらまた別の感動なんでしょうね。
ラベック姉妹のピアノによるボレロなどが収録された、
輸入盤をここで申し込みました。ラベック姉妹もバスクの出身。ラヴェルも半分は
バスク人。凄く楽しみです。
Jhon Clarkさんの書き込みを読ませていただき一気にラベック姉妹へのしまっていた
思いが出たように思います。昔の恋人に再会したような気持ち。(笑)
ラベック姉妹のよさはキレのよさだと思います。
YOU TUBEで見るバッハのコンチェルトも端正なんだけどスピード感があって
素敵です。それだけバッハの音楽自体が素晴らしいのでしょうね。
このガーシュウィンのエントリーはさらさらと5分で書いたのですが、こうやって素敵な出会い
をいいただくととても幸せです。今後ともよろしくお願いいたします。
気まぐれな、私ですので、かしこまらずに、お気楽にどうぞ。

このマンハッタンのサウンドトラックのアルバムは、シフォニック・ジャズという曲目を、上手にまとめた作品集だと思います。ジャケットの裏面には、ウディ・アレンと、メータが、会話しているシーンの写真もあります。また、これだけ、ガーシュインのシフォニック・ジャズの小品をまとめたCDは、クラシックのジャンルにも見当たりません。ついでですが、ガーシュインのピアノの作品をまとめたCDなどは、ご存知ないですか?有名なもの(ラプソディーインブルー、ピアノ協奏曲など)でなく、マンハッタンのCDのような、小品集です。もし、ご存知ならば、ご紹介ください。
ちょっと見たら
John Clarkさん。こんばんわ。アマゾンで見たら
ボルコムというピアニストでピアの小品集が出ていました。私が持っているグラモフォンの
2枚組CDは大曲もありますが、小品もそろっています。(ソングブックなど)。
次のこのブログではラベック姉妹のことを是非書きたいと思っています。
ご期待いただけると嬉しいです。(なんてね)
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。