<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人魚姫とリトルマーメイド
今日はちょっと私生活の話題を。

息子は毎日楽しく通学しています。仲良しのお友達と家でも遊んだり
ベテランの担任の先生のことも慕っているようです。
去年12月から通っている週二回の学研教室の他に家では私と約40分間
算数と国語の勉強に取組んでいます。(すでに7月あたりのところをやっています)

息子には一日にほんの少しでいいので日記のような文章を書く事をさせています。
他愛ないことですが、私がかつて小学校の新入生だった頃、ベテランの担任に
文章を書く事の素晴らしさを教えていただいたことが今の私に繋がっているので
さまざまな感情のニュアンスを表現できるようになって欲しいと願っています。
(勉強ばかりではなく遊んだり一緒に買い物に行ったり楽しんでますよ)

この日記効果(?)のせいか息子の物語から受け取る感受性が成長しました。
ディズニーの絵本「リトルマーメイド」を以前はアンデルセンのオリジナルの
人魚姫より喜んで読んだ息子はが、久々にリトルマーメイドを読んで言いました。

 「ママ、本当の人魚姫はナイフで大好きな王子様を刺せなかったんだよね」
 「本当は話すことができたら、王子様にあの時自分が助けたって言いたかったんだよね」
 
息子はまだ切ないという気持ちを雄弁に表現はできませんが、人魚姫の
物語を貫くひたむきな思慕やかなわぬ思いの切ないニュアンスを感じ取るように
なったようです。

ディズニーファンの方々には申し訳ありませんが私は人魚姫の物語を
無理やりのようにハッピーエンドに変えた「リトルマーメード」のような
意訳は感心しません。人魚姫に限らずアンデルセンの童話は作者の
人生を反映するかのような、かなわぬ思慕や献身、切なさというものが
大切な核になって思います。この子供には手に余る人生の不条理さや
やりきれなさを自分なりに咀嚼してゆく心のプロセスは文学的芸術的な
感受性や表現力を養うために欠かせないものです。商業的な目的も
あるのでしょうがディズニーの何もかも大円団という解釈には疑問です。

切ないという感情を追い求めることは大人への第一歩です。
かなわぬ思いというものを子供時代に考えることは時には荷が思いかも
しれません。でもこれを感じ取れるようになった息子に私は母として
大きな喜びとちょっぴり誇りを感じています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

息子さんの日々の成長は、体だけではなく、心もなんですね。切ないという感情は、何か、こう、心の奥底に香りとして残る気がします。何気ない生活の中で、ふと香ってくるような。

私も、ディズニーファンには申し訳ありませんが、TDLの再開を待ちわびて、エントランスから垣間見えるミッキーの姿を見て涙する20代と思しき女性をニュースで見て、開いた口がふさがりませんでした。
「会いたかったよ、ミッキー」という女性の言葉に、ミッキーは、「僕もだよ」と返したそうです。そんなに日本語が堪能な爺さんネズミに会いたいのか。
不思議の国、日本、いや、夢の国、日本でしたね。
私もディズニーは子どもの頃から好きではありませんでした。
あまりにもきれいごと過ぎる、と思ったからです。
子どもにはきれいなハッピーエンドだけではなく
自分ではどうしようもできないこともあるんだよ、
ということも教える必要があると思います。
(東日本大震災のようなこともありますからね)
cowboyさん
私はその画像を見ませんでしたが主人が
まったく同じことを言っていました。
気持ち悪かったと。(汗)私が大学生のとき
TDLが開園したのですが行ったことありません。
息子が行きたいなら一回くらいなら信頼のできる
TDLが好きなご家族にお金を預けて同行していただきたいです。
ダンボは好きですがミッキーがどうも....なんです。
Ri~naさん
ディズニーはキャラものグッズとしては
否定しませんが情操教育には
向かないように思います。商業主義がすごいと
思います。あれならずっとピーターラビットや
スヌーピーのシリーズの方が奥が深いですよね。
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。