<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再開したらまたよろしくという励まし
今日はうちの地区は停電が回避されました。
朝方、大きな余震がありましたが今日は落ち着いて仕事をします。

お取引先やお友達や親戚から物心ともに励ましをいただき
本当に勇気付けられており心より御礼申し上げます。

ベーベ工房が計画停電により搾乳時間がいつものペースでできない
心身の負担が大きいため牛乳の生産に集中するため、4月の停電実施期間中は
原則お休みだと取引先に伝えましたが、嬉しいことにすべてのお取引先に

 「再開したらすぐに教えてください」
 「一日も早い復興をお祈りしています」

と励ましをいただきました。どれだけ安心したかわかりません。

基準値以上の放射能が検出された農産物がその品目に限り
県単位で出荷停止になりましたが、その他の品目の野菜も
市場や小売店から返品されたり風評被害が深刻になっています。

何より私が同じ生産者として悲しいのは、普段首都圏の食を
作っている原発被害にあった地域の生産者やメーカーに対し
実に冷淡な仕打ちをしている市場や小売関係者が多数いることです。

偽装などでの出荷停止ではなく生産者は100%被害者です。
地震と原発で大きな被災を受け、追い討ちをかけるように出荷停止と
なった生産者になぜ一言労わる言葉をかけられないのか。

   「再開したらまたよろしく」
   
   「再出荷できるまで頑張ってください」

人としてあたりまえのやさしさを生産者に対し持っていただくことを
心よりお願いいたします。

  
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

これまでけいさんが取引先と培ってきた人間関係の賜物でしょう。
皆さんよくわかっているのですよ。
だからまたベーベさんと気持ちよく仕事がしたい、
と皆さん思っていらっしゃるのでしょう。

被災地では皆助け合って苦しい状況に耐えているのに
過剰反応する市場や卸小売関係者、そして一部の消費者には呆れます。
日本の農業が危機に瀕しているのでは?
出荷停止になった品目は仕方ないとしても、他の品目まで返品するのは過剰反応でしかありません。
かと言って出荷制限しないともっと風評被害が大きくなっていたかもしれませんし・・・・・・
そこが人間の愚かで情けないところですね。。。
Ri~naさん
東京の水のことで大騒ぎで本当に
原発の問題が津波よりも大きくなってしまいました。

群馬の牛乳の安全性が確認されよりあえずほっとしましたが
まだまだ油断ができません。
昨日新聞記者が取材に来られて今日の地方紙ですが
新聞に大きく主人の写真も出ました。

福島と茨城の農家に対してはお気の毒で
言葉もありません。
皆さまの心温まる支援を是非向けてあげていただきたいと思います。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。