<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海の都の物語
今年の確定申告もほぼ終わりあとは清書をするのみとなりました。

息子の小学校の入学準備に追われる日々ですがアマゾンで文庫本
6冊を揃えて暇をみつけては読んでいるのが、先日の日記でも
少し触れた塩野七生の「海の都の物語」です。
ナポレオンによって併合させるまで一千年の長きにわたって共和国を
維持したヴェネツィアの物語です。

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
(2009/05/28)
塩野 七生

商品詳細を見る


ヴェネツィアはご存知のように農地がほとんどなく海に囲まれた
海洋国家です。そのため外交と内政が安定しないとすぐに飢えに
直面することになります。そのような恵まれない条件が恣意的な
専制君主制を廃し、時にはキリスト教国よりもトルコなどイスラム
国家を尊重するなどしたたかで柔軟な外交と国を支える産業としての
貿易を巡るシステム作りなど商売をやる人間にとっては非常に含蓄の
ある内容となっています。

  ヴェネツィア人が国家の統治をどのように考えていたがだが
  それには、統治と言う言葉よりも経営という言葉の方がふさわしい。
  (中略)となると、経済的に成り立つことが第一目的となってくる。

        (塩野七生 「海の都の物語」文庫版2巻より)

法学部出身の私は以前は歴史小説でも圧倒的に政略結婚や
王位継承戦争ものを扱った政治色の強いものが好きでしたが
仕事の経験を積むにつれこの小説のように経済を前面に出した
大作が興味深く感じられるようになりました。
「海の都の物語」には経験した十字軍の遠征やビザンティン帝国の
滅亡など世界史の重要事項へのヴェネツィアの遭遇とそれさえも
しなやかにビジネスチャンスに変えてゆく無名だけれどプロ精神に
徹したヴェネツィア人が多く登場してどの巻をとっても読み応えに
満ちた名作です。

アマゾンで朝注文すると夕方には届きます。
配送の充実は知的分野での都会と田舎の格差をなくし心から感謝です。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。