<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラウンスイスがやって来る!
近日中にブラウンスイスの子牛が知人の酪農家の牧場からやってきます。
実はここまでにちょっとした紆余曲折(?)がありました。

ブラウンスイスは名の通りヨーロッパで飼養されている乳肉兼用種の
牛でチーズ作りに適した牛乳を出すと言われています。
近年日本でも飼養する牧場を見かけるようになりましたが
オスが生まれやすいとか繋ぎ飼いなら太りやすいなど飼養管理の
難しさも指摘され、そのため4年前に導入を断念した経緯があります。
この時に導入された今回譲っていただけることになった農家では
幸運なことに導入した二頭がいずれも「女腹」で順調にファミリーを
発展させたそうです。それでこれ以上増えてもということで子牛を
安く買って下さいませんか?とお話をいただいていました。

家畜商のおじいさんはなかなかに利口な方ですが、オスが生まれた
時は子牛が無料同然だからやめたほうがいいと真剣に助言を
くれました。気持ちが揺れましたが夏以来ホルスタインのメスが
生まれていないことや譲って下さる酪農家さんの誠意、何より息子が既に
「ハイジ」という名前をつけて心待ちにしているので、その気持ちを
無下にできないこともあり八万円で導入することに最終決定しました。

導入を検討してから四年!ちょっとした紆余曲折がありましたが
いよいよブラウンスイスがやってきます。
到着日には写真をアップしますので楽しみにしていて下さいね。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ブラウンスイス。
珍しいですね~。
チーズ作ったら、おいしそうです。
ブラウンスイス
はじめまして・・・COWBOYさんのブログに紹介されていましたので、お邪魔しました。宜しくお願いします。
ブラウンスイスですか・・・・3年前にドイツを訪問しブラウンスイスの牧場に立ち寄ってきました。
ドイツ(ドイツ南部)ではブラウンスイスやシンメンタールを乳肉兼用目的で飼養されている農家が多く、改良も進んでいます。
訪問した農家の平均乳量は9,600kgでF4.0%、乳蛋白3.7%と言う成績でした。長命性に非常に優れているようです。ちなみに種雄牛作出の為の雌牛平均は、乳量10,500kg、F4.32%、P3.84%との事で、日本のホルスタインより能力が高いかも知れません。
是非大切に育てて下さい。お子さんも楽しみにされているようで、良かったですね。
りぼんさん
珍しいから手探りかもしれません。
元気に成長してメスを産んで欲しいなと
思っています。
北海道さん
こちらこそはじめまして。

繋ぎ飼いだと特有の難しさもあるようですが
とにかく元気に育てたいと思います。
うちにジャージーもいるのですがそれよりは
かなり大きいようですが気性は穏やかなようです。
とっても可愛いそうです!

貴重なデータをありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。