<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入学説明会
ずっとカラカラ天気が続いていた群馬に本当に久しぶりの
本格的な雪が降っています。今日は午後から小学校の入学説明会なので
ちょっと困ったな.........。

ランドセルも本棚も買い、週に二回の学研教室でのお勉強も軌道に乗り
入学に向けての体制も整ってきました。私の気持ちも上手く入学に向けて
エンジンがかかってきたように思います。

ところで、今年度からゆとり教育が廃止されかなり勉強の
レベルが上がります。学研教室からは冊子もいただきましたが
少なくともある程度親も勉強をみてやるくらいの努力がないと
三学期から早くも出てくる図形などを子供がしっかり身に着けるのは
難しいと思います。親が放置しても優秀なお子さんもいると思いますが
私は自分の息子をそこまで買いかぶってはいません。遊び好きな私の子なので。

私の母もそうでしたが、私はきれいごとで子育てをしようとは思いません。
どういういことかといいますと

 「学校は受かるレベルに行けばいい」とか
 「あなたの好きな道を選べばいい」

などと禅問答のようなことではなく、親も努力するから
このくらいの教養と学歴を身に着けて、ちゃんと仕事について
結婚もできるくらいのバランスの取れた男になって欲しいということです。

何度も書いていますが、息子が学齢期を迎えて自営業でよかった
と思います。会社では昇進しても遅くまで拘束され下手をすれば
転勤におびえ、まだ小学生から遅くまで人に預けてという生活は
考えただけでも私には無理です。

今だから言えますが、33才で難病指定の潰瘍性大腸炎が持病になり
会社に何とか復帰してまもなく縁あって主人に出会い、あの最悪な
体調でもリストラに怯えながら出社する生活とサヨナラできるのだと
思い切って今の人生を選んで本当に良かったと思います。

学校生活は苦しいこともあるでしょう。
でも息子が楽しく学んで友人と遊んで実り多い生活に
できるように私は全力を尽くすつもりです。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

放置しても優秀でいられるのはごくごく僅かだと思います。
親がきちっと教育に向き合えるかどうかにかかっているとも感じます。
決して教育パパママという意味ではなく
子供の将来に責任を感じられるかどうかです。

私の母は父の役目も果たしていて
とても真似できないと未だに思うほど多忙でした。
ですので勉強を見てくれたりは余り無かったですが
それなりの人になりたかったら絶対学歴は要る、が口癖で
人は学歴じゃない、などと甘ったれた事を決して言わなかったお陰で
私と妹は踏ん張れたと思います。
お気持ちよくわかります。
私も「これからは女であろうが大卒くらいの学歴は必要」と両親に言われて育ちましたから。
その一方で、「世間は上等な私立じゃない」という現実もあります。
一流企業に努めたところで、大卒の方たちばかりを相手に仕事するわけではありません。取引先や下請けには高卒中心の会社もあれば、メーカーなんかだと中卒で小さな会社に入ってこの道一筋、その腕が日本のいろんな産業を支えるものを作り出してきた職人さんとお付き合いすることもあります。
こういう人たちって、大卒で学歴差別する人には敏感なんですよね・・・
私自身、いろんな問題を抱えた人を相手にする仕事に就いています。
自分自身の学歴はともかく、いろんな学歴の人と接する職業を選んだ以上、学歴に対する偏見は持つべきではないと常々努力しております。
お目汚しのコメントで失礼いたしました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
大阪のオバチャンさま
自分ほど私が試験に向いていないと知っていた母は

 「六大学に現役なら部活も何でもオッケー」

の一言でした。自慢にもなりませんが母は熊本大学
首席卒。父は東大、祖父は立教の神学院、祖父の
兄弟は東京と京都の帝国大卒。という目も眩むような
家庭なら理屈もなにも最低限のノルマでした。
私はその最低限をクリアしましたが、母の自慢は娘が
小学校~高校まで作文は知事賞ということだっだということです。
息子も利発だと思われるので最低限コースをできれば
エスカレーターでやりたいと思っています。(汗)
Ri~naさん
大阪のオバチャンさまあてのコメントに
あるような家庭で良くも悪くも育った私は
最初は農村の風習になじめませんでした。
でも不思議なもので仕事の実績をあげてゆくにつれ
「地あたまが悪くなければOK」と心底
思うようになりました。息子には勉強の反面
たくましい生きる力と機転は身に着けて欲しいなと
切に願っています。おっしゃるように社会はエリートばかりでは
ありません。教養を生きる逞しさにして愛される人間に
なってくれればと思っています。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。