<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最悪の結末
県の浅間牧場で種付けして9月末に戻ってきた母牛は1月5日に
大きなF1のオス子牛を死産。これだけでも経済的にも精神的にも
ダメージでしたが、母牛は一時は体調が持ち直したものの急激に悪化。
予後不良になり本日屠場に出て行きました。最悪の結果に悔しくて涙も出ません。

去年このブログに書いたことがありますが、もう一頭同時期に
浅間牧場に預託していた牛は8月上旬に予定日まであと数ヶ月と
いうところで後期流産。胎児が放牧でわからないということで
原因も分からず辛うじて次の子牛を受胎して11月末に帰ってきました。

死産の原因となった子牛の大きさについて種牛を調べてもらいました。
福北光という種牛で育種価による増体が0.95kg/日で列挙してあった
他の種牛に比べて多い。しかも預託している農家の一部が母牛の体を
大きくすることを要望したということで去年は今までより母牛への
飼料給与を多くしたと担当の獣医が仰っていました。

義父の代から我が家では妊娠後期にかかる頃からはとにかく太らせないように
栄養バランスに気を使いながら特に初産の牛が難産にならないように
注意しています。おかげで稀に難産で子牛が死産でも母牛までこのような
悲劇的な結末を迎えたことはありませんでした。

さすがに私が母牛まで屠場に出すことになったことを伝えたところ
預託料金の納付の延期を認めてくれました。
モンスターと思われるかもしれませんが、一部の農家の要望のままに
いくら現場の獣医と言ってもベテランの酪農家ほどの経験もない
県の獣医たちの判断で増体ばかり進められ(9月に戻ってきたときの
大きさに主人すら驚いていました)牛は無残な結果になり、私たちも
かなり精神的にダメージを負い、自分たちは民間と違って懐も痛まない
ということではいくらなんでもやりきれませんので。

浅間の担当者は1月に我が家にお見えになりさらに何度も
また説明をしたいから伺いたいと電話がありましたがお断りしました。
送られてきた書類にはまるで言い訳のように「現在はどの種牛も大型化
しているのでこういう可能性があると思って分娩を迎えたほうが良いと
思われます」と神経を逆撫でするような一節がありました。
年末に流産の件でお越しいただいた担当者は軽い気持ちだったのでしょうが
「こういうことって一軒の農家で続くんですよね」と言われるし。

種牛が大型化しているなら、なおさら母体が大きくなりすぎない管理は
求められると思うし、そのように管理するのが獣医の仕事だと思うのですが。

さすがに今回の件は堪えました。
感情的な文章で申し訳ありません。
このような悲劇を二度と繰り返さないように技術的な努力は
もちろん畜主の神経を逆撫でしない対応を県にはお願いしたいと思います。

追伸

ところで、昨日からアクセス解析を見ると群馬県庁のドメインで
この記事を中心に異様に多いアクセスがあります。
私へ伝えたいことがありましたら非公開コメントもありますので
お伝えください。あまりも度の過ぎたアクセスは非常に不快です。
私は今回の件で人は自分の懐が痛まない限り無神経な発言をするのか
非常に疑問に思っています。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

「種牛が大型化している」というのは、事実ですが、そのことが、難産・死産・母牛廃用に繋がるのであれば、預託先の飼養管理者は、それなりの注意を払うのが当然です。
どうも、他人の牛を預かっているという認識が薄いのでしょうか。自分の牛がそういう目に合わされたら、どう思うか。そういう単純な想像が出来ない人が、牛の飼養管理をすべきでは無いと思いますし、けいさんやご主人は、堂々と心の内を主張してしかるべきだと思いますよ。
種牛も母牛も見たことがない私がコメントするのはよくないかもしれませんが、種牛が大きいことが原因ではないような気がします。DGが0.95というのは、決して大きい方ではないし、生まれ来る子牛の大きさは分娩2ヶ月前くらいからの飼料の給与量に依存するところが大きいわけで。私は、飼養管理者の過剰な増飼いによる事故だと思いますよ。
勝手な意見です。失礼致しました。
cowboyさん
感情的な記事に励ましを頂きありがとうございました。

確かに浅間から帰ったのは出産3ヶ月前ですが
主人が体重をみてそして牛を見て大きさに驚いていました。
別の後期流産の牛の件で獣医が来たときに初めて母牛の
増体の件は聞きました。私の抗議が影響したのかさっき
郵便で浅間から「退牧牛に関するアンケート」なるものが
来ました。今までは穏便な農家ばかりでここまで説明した
ことがなかったのかもしれません。私は品がないと承知していますが
人間は自分の懐が痛まないと真剣に仕事をしないのかとも思います。
これだけ損害を与えれば民間なら規定の報酬を期日通りにもらうことは
できないでしょう。だから私は意地が悪いのを承知で「こちらも収入どころか
損失で払えないわけではないけれど1月の納期限はのばして欲しい」と
言ったらさすがに即OKでした。最近は獣医も牛などを見たことがないまま
県に入り農家の気持ちなど想像もできないまま現場で仕事をしている
獣医が多いとおもいます。せめてまず慰めとお詫びをするならともかく
言い逃れのあげく「一軒の農家で続くんですよね」と平気で仰る。
偏差値は高いけれどやっぱり教養がないんだなと痛感しました。

愚痴ばっかりでごめんなさい。先日のお産はホルスのオスでしたが
母子とも元気です。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。