<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国共通仕様のススメ
昨日は地元の酪農家たちとの忘年会でした。
ここ数年ずっと昼間にやっているので、息子も参加させて
いただき楽しい時間を過ごしました。

酪農家によっては野菜を作って出荷されている方もいて
誰もが少しでも条件の良い取引先がないか探していて軽くですが
私に取引先を紹介して欲しいと話を持ってくる方もいました。

気になるのはほとんどの方が、地元で知合いがいるところなら
顔と伝手で何とでもなると考えていることです。
近所づきあいの延長の営業という感覚のままではたとえ物理的に
近くでも良い取引が難しくなっているのが最近の傾向です。

私の営業方針は近くの直売所でも遠隔地の高級店でも客観的に
わかりやすい科学的根拠の裏づけのある資料を添付しきちんと
商品説明ができること、に尽きます。言い換えれば全国共通仕様の
安全と安心を証明できる資料つきということでしょうか。

野菜や果実ならば土壌の管理、農薬の使用の有無、種のこと
などは資料で説明できることが最低限必要でしょうし、酪農なら
牛乳の検査証明や牛の飼料のデータなどは営業用資料として今後
ますます大切になってくると思います。
(ブログで交流させていただいている宮崎の繁殖農家さんは
ブログで子牛のデータを写真付きで公開されていて頭が下がります)

ある程度高齢の農家の多くは今まで地元にだけ公私ともに
目が行っていたのは仕方がないと思いますが、今後本気で
農産物の売込みをしたいなら意識そのものをご近所仕様から
全国仕様に転換することも必要になると思います。

製品の品質と味そして完璧な資料があれば全国どこでも
勝負になると思います。後は度胸と経験を積み重ねることで得る
自信があれば何とかなります。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

仰るとおりです。

つてでなんとでもなる。
地域の繋がりが濃厚な土地の範囲でなら
ちっとも間違っていないし
寧ろ理にかなったやり方なんですけどね。
やはりそれでは全国展開には通用しない。

一定以上の年代の方や土地によっては
意識する事も無いほどごく普通の事なので
その辺りを人間関係を崩さないようにしつつ
指摘するのはさぞ難しいかと察します。
大阪のオバチャンさま
農家の集まりでは隣何メートルの話題が主といっても
過言ではないです。
あの感覚では商売は無理だろうなあと思います。

私はお人よしではないのでニコニコして
聞いているだけでノウハウはして営業先は教えません。(汗)
自助努力ができなければ後が続かないからです。
mammiさんの故郷でも同じだと思いますが
田舎って居心地も悪くない代わり世界も狭いです。

よそ者の私にとって東京も村内も同じでした。
それがよかったのかなと振り返っています。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。