<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大忙しの一日でした
昨日はヨーグルトの出荷日でした。
生産量も多いので発送作業も一日仕事なのですが
昨日は、ご近所の葬式の手伝いに午後から主人が行ったため
午前中は怒涛のような忙しさとなりました。

昼過ぎには必ず牛舎に行って、牧草を与えて子牛の
様子を見るのですが、主人のいないこういう日に限って
子牛が脱走したりといろいろありました。先日生まれた
ジャージー子牛(息子がサラと名づけました)が脱走して
牛舎を追いかけ回して、最後は小さいので抱きかかえて捕獲しました。

ところで、田舎の葬儀は今でこそ会場も斎場で業者がいろいろと
やってくれるのですが、それでも近隣はお手伝いに行くことに
なります。(仕事を休む方も多い)それだけに近隣の方へ食事や
お茶などを出すこは礼儀としてとても大切なことになっています。
私が嫁いでから我家では4回の葬式を出しましたが、義母とともに業者とも
相談しながらそのあたりは失礼のないように気を配ってきたつもりです。
このあたりの采配を巡っては業者のセンスや常識も問われることになり
水面下では業者間の熾烈な競争になります。

こういう田舎の生活はわずらわしさもありますが
プロ根性も鍛えられたとしみじみ感じた一日となりました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れさまでした。
私の経験なんで短いものですが、それでも、得た格言があります。
▼見てる子牛は咳しない
▼無人のときに、牛は脱走する
▼敷料した草は、よく食べる
です。

今回のは、2番目の奴だったわけですね。
昨日は大変な一日、お疲れ様でした。
サラちゃん(愛らしいお名前ですね)の大捕物までとはいやはや。

けいさんのお住まいの地域と我が故郷は似た状況です。
22年前父の葬儀で一切合切の儀式を我が家で執り行い
子供心にえらいこっちゃと思ったのを覚えています。
お葬式は出す側の実力が問われる最たる行事ですね。
私も喪主になる身、縁起が悪いなどといわずきちんと考えておかないと、と思います。
cowboyさん
そうなんですよ。
こういうときに限って!です。

推定20キロ台のチビジャージーだから
よかったけれど育成後期ならまさに
闘牛場でした。(滝汗)
ヘルパーの日でも結局休みということは
ほぼないですね。ジャージーは小さくて
軽くて可愛さ倍増になりました。
大阪のオバチャンさま
ありがとうございます。
前日から仕事の段取りが大変でした。

最近はおそらくどこでも業者と斎場があり
個人の負担は少なくなりましたがそれでも
近隣のお手伝いしてくださる方への配慮と
業者選びは重要だと今回の件で痛感しました。

愚痴になりますが、業者は「しわい」ので有名で
斎場の受付や香典の勘定などを昼も食べずに
行った主人や他の男性へはお茶の一つおむすびの
一つも出ませんでした。さすがに私もむっとして
次の日ここのご家族にやんわりと申しました。

手伝いしてくださる近隣は身内以上に大切です。
こういうとこころでお里がとは言われたくないですよね。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。