<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志は高く敷居は低く
最近は全国のおいしいものが簡単にお取寄せできるし、不況もあってか
京都の老舗料亭も以前のように一見さんお断りも少なくなりました。
そんな時代に簡単にお取寄せができない、紹介者がいないと入れない店は
希少価値になったと思います。私は希少性があるからその店が素晴らしい見識か?
と言えばそうとも言い切れないのではないかと思っています。

宅配での注文ができず、店で直接購入のみということであれば人気なのに
少量生産がしかきないとか生ものなので賞味期限の関係で通販はできないという
理由ならば、生産者としての見識を尊敬しますし感情面でも納得します。
これらの例として、東京の老舗フランス料理店「小川軒」の人気菓子
レーズンウィッチや京都の老舗豆腐店「森嘉」の豆腐など。

では、ディナーの予約も完全紹介制なら、クッキーなど日持ちのする菓子さえ
紹介者がいないと予約さえ受けずクッキーの値段も一万円近いという
東京の老舗レストランの商売は?と聞かれれば、そこまで勿体をつけること
の意味がわからないというのが私の本音です。

紹介制(一見さんお断り)はお客の質を保ちたいということで
取られることもある制度ですが、旅館や料亭など実際にお客相手のサービスを
する店ならともかく、持ち帰りのお菓子にまでそれを求めることは
顧客の品位を保つためというのなら時代にそぐわなくなっていると思います。

実際、この東京のお店のクッキーはヤフオクで法外な価格で出回っています。
これでは何のための紹介制かわかりませんよね。聞いた話ではこのお店は管理する
ヤフーに抗議したそうですが却下されたようです。所有者がヤフオクに出しても
品位はともかく違法ではないのですから当然です。

こうやってたかがクッキー(この表現を使います)に紹介制のあげく数ヶ月
待ちなどのハードルを作ると味よりも手に入れることが妙なステータスに
なってしまい、ネットオークションで暴利を貪る手段にされたり、およそ店が
想定していないお客がルートをみつけて虚栄心を満足させるためにだけ入手するという
本末転倒も実際に起こっていることに苦笑するしかありません。
まともな客はそこまでお高くとまっていると見向きもしなくなってしまいます。

ここのクッキーについて仰天する方が画像つきで記事にしていました。
最近、殺人容疑で三度目の逮捕請求が出た35才の婚活サギ女ですよ。
ブログは逮捕直後に消されていますが、用意のいい方がすべての日記を
コピーして独自のサイトにしているので誰でも閲覧可能です。
見栄と食欲の塊のようなこの女はこのクッキーについてこう記しています。


父の月命日が30日なのですが、(略)早めにお墓参りに行こうと思い村○○さんの
クッキーを注文していました。去年のうちに。このクッキーは父の大好物でした。
が、このクッキーほど入手困難なお菓子はなくて、大変に貴重な物です。

クッキーを買ったお金も自分が手にかけた男性の預金だったのでしょうか?
ヤフオクに文句を言ったという経営者はこの日記をご存知なのでしょうか?
農家が作るベーベ工房の製品のお客様にこんな凄まじい方はいないだろうなあ。

高い品質の製品を志を高く持ちながら作りながらも、オープンマインドで
お客様を選ばず心からの感謝を持ちながら接することができる商売人こそが
本当のプロだと思います。心は高く敷居は低くでも十分に店や商品の品位は
保てると思います。選民意識が逆にお客の質を下げているとしたら私は
この老舗レストランのためにも心から残念に思います。

PS
 
 私のお勧めクッキーは鎌倉のレデンプトリスチン修道院のクッキーです。
 シスターたちの手作りクッキーで鎌倉のユニオンでも購入できますし
 お祈りの時間をはずせば直接修道院でも購入できます。
 神様の家ですからね。お客様を差別するようなことはされませんよ。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

志は高く敷居は低く。
消費者にとっては好感の持てる考え方で素晴しいと思います。

先日このお話を記事にした際
高いからこそ、それだけ美味しい
入手ルートが限られるからこそ、凄い
そんな考え方をしてしまう事があるという怖さを知ると同時に
思い及ばなかった自分の浅はかさを反省したものです。

私のような腹黒い疑い屋の人間はいいとしても
意味純粋な方は無条件で高さや希少性を品質の表れと思ってしまうかもしれません。
認識を改める機会をいただけたことに感謝しています。
大阪のオバチャンさま
京都の旅館田舎亭も先代までは
一見さんお断りでしたが今の女将さんの
代で門戸を開放しました。
一見さんお断りは気をつけないと成長が
とまる懸念もあるそうです。

某レストランはまさか木嶋香苗に
書かれているとは思わなかったでしょう。(笑)
同じ経営者の山本道子の店が同じ店内に
あり同じ製造ラインのクッキーがこれは
店頭で買えます。だからこちらを買えば
十分だと思います。

本当に人気ですぐに売り切れる麻布の
たい焼きこそ食べてみたいものです。
mamiさんは腹黒くなんかないですよ。
きわめて正直な方と思っておりますよ。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。