<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
給食費の滞納について
全国の公立小中学校の給食費の未払い額は26億円に上るそうです。
家計が苦しいことが原因という家庭も増えましたが相変わらず
払えるのに払わないという家庭も減っていないようです。
最近は悪質な保護者に対しては差し押さえ手続もとられていますが
モンスターペアレントも多く、教師の負担も多いようです。

2年位前から給食費未払いは社会問題化しましたが、私の住む
のどかな田舎でも決して他人事ではなく同居している甥っ子
が小学生のとき32人のクラスで未払いの家庭(免除になっている家庭には
督促書はいかないことになっているそうです)が何と7人もいたことは
かなりショックでした。中には高級外車を乗り回している保護者もいました。

給食費を払えるのに払わないことは一種の無銭飲食でこのようなことを
平然と何年もやり続ける親の子供への教育やしつけがどのような
レベルか言われずとも想像がつきます。

我田引水かもしれませんが、私が息子をできれば中学から
県内の公立の中高一貫校又は関西の名門私立大学の系列の
ミッションスクールにやりたいと思う理由のひとつに公立の
学校にはこのようなモラルの欠如した保護者がかなりいるということ
もあります。実際にこれらの学校にお子さんが行っている保護者は
口をそろえて「きちんとした親が多いので親子でストレスが少ない」
とおっしゃっています。

給食費の悪質な未納の増加は、給食の質を下げるだけでなく
教職員のストレスを増加させ、ある程度教育熱心な親の
ただでさえレベルの低下が指摘される公立の小中学校離れを加速
させているように思います。

ネットでアンケートを取ったら悪質な給食費滞納の
対策として「給食を出さない」がトップに上げられていました。
私も賛成です。家計が苦しくてどうしても払えない家庭には
相談すれば減免措置が取られているはずです。

来年、息子は地元の小学校に入学します。
実は同学年になる保護者の中にも上のお子さんを
通じ給食費未納が伝えられる方もいてちょっと憂鬱です。

教育内容で義務教育の段階から公立私立を選ぶなら
気持ちの張り合いがありますが、私だけでなくモラルのない
親が多いから中学受験をさせたいと思う親が多いのは何だか
悲しいものがありますね。母はそれなりに教育熱心でしたが
私が小学校に入学するときにこんなレベルの低い悩みや不安は
なかっただろうと思うとちょっとどんよりしています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

おはようございます。

咎められなければ何をやってもいいのだ、という連中にはいい加減こりごりです。
給食費、保育料滞納はその最たるものかと思います。
そんな親を見て育つお子さんが哀れでなりません。
何故なら自分の親を否定したり、行動に疑問を持ったりというのは思う以上に難しいからです。

私は、娘達には色々な世界があるのだということを知ってもらう為にも
公立に進学してほしいと思っていました。
大阪は公立のレベルに定評があるからという理由もありました。
でも、今回のお話を聞いて少し、いやだいぶ揺れています。
周りのものの誠実さや、やる気その他諸々の良い感情を削ぐようなレベルで
困ったさんが存在するなんてどんよりです。
大阪のオバチャンさま
私立の入試に落ちたということもありますが
私も高校までは公立です。
両親も国立大学出身なので公立派でした。
でも最近の事情を知ってか母も今なら小学校から
私立と言いましたね。

大阪は橋下知事の下公立の充実がされているようですが
群馬はごく一部の進学校以外は六大学への
進学は難しいのが現実です。

社会は広く知った方がいいと思います。
でもこういう給食費を払わない悶着を目にすること
成長に繋がるかすごく疑問です。親がストレスを溜め込んで
子供にいいことは何もないと思います。
こういう親が多いから良い先生がやめたり塾や予備校に
流れるのだと思います。

私は何もない農家だからこそ自分の経験もあり息子には
しっかり教育を受けさせたいと思います。
せめてまともなモラルは親は持つのが義務だと思いますね。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。