<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国で口締疫発生
農林水産省は30日、韓国で29日に家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の再発が
確認されたとして都道府県に対し、畜産農家で人や車両が出入りする際に消毒を
徹底させることなどを指示したと発表した。

 消毒のほか▽韓国に滞在した人を近づけない▽感染が疑わしい家畜がいれば直ちに
家畜保健衛生所に連絡する--ことを畜産農家に指導し、口蹄疫を否定しきれない場合は
直ちに家畜の写真と検体を国に送付することを指示した
   

    (yahooニュースより)   

9月にようやく清浄国認定がされたばかりの韓国での
口蹄疫の発生はやはりショックです。
島根では鳥インフルエンザが発生し政府の関心が
そちらにだけ集中しないか気になります。

畜産農家に対しての上記の指示も大切ですが、正月休みの
帰省・旅行シーズンを前に空港での検疫や消毒装置の設置の方が
より重要だと思います。

宮崎の口蹄疫の教訓をもとに群馬でも県レベルでの口蹄対策
を定めたと新聞に出ていました。
対策の当事者は畜産農家や関係機関だと思いますが、行政の
トップである知事の畜産への関心やこの問題への正しい知識は
不可欠です。(宮崎では連日東国原知事の動向がニュースになっていた
時期もありいかに知事の役割が大きいかおわかりと思います。)

群馬では来年の夏に知事選が行われます。
現職の他に元キャリア官僚の県議も出馬と報道されていますが
秀才の誉れ高い彼のブログを見ると、5月のワクチン接種決定以後も
口蹄疫に対しての無知・無関心を露呈する記事を書いており
畜産農家としてこういう方が知事になってもらっては困ると
毒舌で恐縮ですが思いました。こういう方があの時宮崎の知事だったら
ワクチン接種を説得できたのか私は甚だ疑問です。

畜産農家はたとえ国内で発生しなくてもたえず防疫意識を
持つことです。一般の方々にもご協力いただければと思います。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。