<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生産者になったから感じたこと
生産者(酪農家)になったからこそ感じたこと、というのはたくさんあります。
消費者の方々へ感じる気持ちもその中にあります。

一つはBSE(狂牛病)騒動。
2001年12月1日。愛子さまご誕生に沸く日、群馬では国内3頭目のBSE感染牛が出て
大騒ぎになりました。年が明けても風評被害は収まらず一時は近郊の野菜すら
値が下がりました。
肉牛農家の方には自ら命を絶った方もおられました。

消費者に理解を求めようと県の農協団体が、消費者に無料の焼肉サービスを寒い中
やってくれました。私は行けなかったのですが、新聞や担当者によると、お金を出して買うと
なると「危ないから」で買わない人たちが、タダで焼肉をサービスしたら子供を何回も
並ばせたり大人まで制止を聞かず、何回も並んで食べる人が多くて閉口した、と。
タダなら何回も並んででも食べ、お金を出すなら「安全に不安が」と口にする消費者が
多かったということとに、私だけでなく衝撃や怒りを覚えた生産者は多かったようです。


もうひとつはバター不足の記事でも触れた根拠もないのにやたらと「牛乳は体に悪い」を
言い立てて、ブログにあれこれと書く方。

酪農家は転業しろ、と他人の職業を貶める「論外レベル」もありますが、またそういうブログに
リンクしておられるお母さん達のブログを読むと怒るより、変に感心したりお子さんの将来を
心配したりしています。

大体の内容は、アレルギーでもないお子さんにお母さんの信条から牛乳を飲ませたくないと
いうことを巡ってのトラブルです。アレルギーではないから診断書は取れない。そこで
牛乳は毒だから保育園や学校で飲ませないでくれ、と学校に申し立てて教師とトラブルに
なって教師や校長の悪口をブログで流布する.......。というパターンが多いです。
コメントのやりとりで「同士」が「宗教的な理由」て方書いたら、というアドバイスをしていたり。
牛乳の成分のおやつはやらないでくれ、と保育園のお子さんに一人だけポン菓子を持たせた
と武勇伝を書いている方がいたり.......。と

何か酪農家としての気持ちの他に、そこまで自分の信条に子供を巻き込んで良いのか
親の一人として考えてしまいます。
嘘をつくことを平気で子供に教えているようなものだし、アレルギーでもないのに小さな
保育園児に一人だけ違うものを食べさせることを押し付けたり。

ブログに牛乳を巡って酪農家を卑しい者のように書き、意見を異にする関係者の悪口を
書く親よりアレルギーがなければ楽しくバランスよく食べ、友達と同じものを
囲んで食べる喜びを教え、食べ物があることに感謝する姿勢を自らが示せる親に
育つ方がよほど良い子になると私は思うのですが。
ご自分のご主人やご自分の仕事を他者がブログで嘲笑っていたらどういう思いをされるのか。

生産者になったからこそ感じた思い。喜びが大半ですが、乗り越えなければならないこういう
思いもあるのです。
また私自身、他人のブログの批判をこうやってしている自分に矛盾を感じています。





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちは♪
「牛乳は体に悪い」、本当に困った風評(?)ですね・・
人間の歴史とおなじくらい牛乳は飲まれてきたというのに、何を言い出すんだという感じで呆れてしまいます。
でも今の風潮に、純粋すぎるほど乗っかってしまう人たちもいるのも事実ですね。
主人の母までも「牛乳は良くないって聞いたけど」なんて言い出したときは、さすがに笑うしかなかったです(涙)自分はお乳が出ずに粉ミルクで私の主人たちを育てたっていうのにー(涙)
私は「あら・・・牛乳がダメならほかの食べ物なんて全然ダメですよね~」と言いましたけど!
ありがとうございます。
ともちんさん応援ありがとうございます。
牛乳はアレルギーも好みもあるので無理に飲まなくても良いと思います。
ただ粗食シリーズで有名な方は「給食に牛乳をやめよう」運動の先頭に立って
おられるのですが、有名なヘビースモーカー。彼の運動の支持者にこのことを聞いたら
「少しならたばこはよいもの」と言われて唖然。(まる子のチーンという効果音が頭で響きました
)私は食べることは楽しいことであって欲しいと思います。あまり肩に力が入ると人生
の楽しみが半減ですしね。おいしい紅茶がまた飲みたいです。(笑)
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。