<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数字マジック
不況の中、製品の品質以上に売れるか否かを決定するのは価格の印象
つまり数字マジックだと思います。
いくら良いものでも高い or 高い印象だと売れません。

牛乳は普通の牛乳(成分無調整牛乳)の200円をちょっと超えたラインなら
高いという印象を与えるようです。そこで作る乳業メーカーにも小売店にも人気
なのが178円とか158円売価の低脂肪乳。品質や味よりも数字が消費者行動を決めている
一例です。だから飲用牛乳の需要が伸びないわけで、組合から乳価についての
お知らせが来て「牛乳の需要が伸びない」といささか暗~く書かれていました。

ベーベ工房の製品も大手のものよりは割高だと思いますが
取引先からも「べらぼうに高いものではない」とか「品質に見合った価格」
と言っていただくので、高いといっても許容範囲なのではと思います。

先日書いたように、私は取引先の売り方には基本的に口を出さないように
していますが最近、オーガニック宅配の会社の担当にお願いという形で
強く提案させていただきました。生協型の配送という性格上やむを
えないのだと思いますが、その会社では180ccのビン入りヨーグルトを
4本セットでカタログに載せています。他社のバラ売りのヨーグルトに比べて
価格が異常に高い印象で、本当に定番として今後も売れ続けるかと懸念しましたが
案の定予感は的中。私が強くお願いして年明けから1本単位での販売開始予定です。

数字マジックというのは意外に強烈な印象です。だからこそ

     998円
     9980円

といったゼロをひとつ落とした価格をつけるのでしょう。

このあたりの消費者心理を忖度できないとどんなにこだわった安全な
製品を仕入れても、店の経営が行き詰まります。
(自然食品店などに多く見られるような気がする)
コンビニなどはさすがにこのあたりは長けていて、これは食品では
ないけれど今までも売れていた198円の中身を少し減らして168円にして
いつもこの商品は品薄状態です。私は安全と安心の知識に加え
数字マジックの感覚が優れたお店と取引するのが理想です。

話が変わりますが、私は数学の才能はまるきりないけれど
数字マジックのカンは10代のときから良かったようです。
最たる例が大学受験でした。私は明治大学に行きましたが祖父も出た
立教も視野に入れていて模擬試験ではどちらも合格ラインでした。
明治も立教も当時から偏差値は62くらいでほぼ同じでしたが結局より
簡単そうな明治を受験し立教は受けませんでした。ここで数字マジックの
話なのですが、この当時両校とも実質競争率は5倍。でも中身が違います。

  明治 (法)  約12500人受験 約2200人合格
  立教 (法)  約1500人受験  約200人合格

という差があります。合格ラインの2000番に入る自信はあっても
上位200人は無理な可能性もあるので、可能性の高い方に賭けたのです。
ついでに私が気にしたのが合格最低点。進路指導教諭が舌を巻いた狡猾な
高校生でした。このあたりの数字マジックが読めないと一般入試の場合
現在でも実力はあるのに不合格を重ねるという悲劇が起こります。

長く商売を続けてゆくにはまず安全で美味な良い製品を作ることです。
それに加えて、謙虚に消費者は安いものを選ぶのだという当然のことを
受け止めできる限り価格を抑え、さらによりリーズナブルに感じさせる
ある種のあざとい数字マジックもプロとしては大切なことだと考えています。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちは。
数学は苦手じゃないけど数字マジックのセンスは無かった私です。^^;

最後の四行に激しく同意します。
趣味でやるならともかく商売である以上、至極まっとうな考え方だと思います。
うちはいいものを作っている。高くて当然。嫌なら買うな。
とまでは言わないけれどそんな雰囲気の方からは余り買いたくないですね。
何だか胡散臭いし、高さを理解できる人間を選別しているような傲慢な感じが好きになれません。

話はそれますが、「第三の牛乳」なんて言うのでしたっけ?
成分調整に加えてさらに加工乳が人気なのは味覚の変化もあるんだとか。
さっぱりした口当たりを好んで(値段も勿論あるとは思いますが)
牛乳を選ばないと言う話を聞いたことがあります。
因みに私は無調整牛乳派です。
大阪のオバチャンさま
コメントありがとうございます。

原料から吟味したものが多少割高なことは
ご理解を求めながら正しく伝えることだと思います。
でも実際はこの不況の中、半額セールになったら
買うということも当然なので、高くても買えという
傲慢さは成り立たないと思います。
生産者の謙虚な姿勢は必須だと思います。

牛乳も味覚があると思いますが低脂肪乳といっても
脱脂粉乳のみで作られたものもあり香料も添加されて
いるので、酪農家のほぼ全員はまずいといいますね。(笑)
本当の牛乳の理想はパスチャライズ牛乳ともいいますが
ヨーロッパではそれが主流なので当然お菓子や料理も
深みがありますね。食文化の違いでしょうか。

ところで私は母の故郷の岡山には何度も
行きましたが、戦後祖父も父も東京に移住したので
広島の田舎に行ったことはありません。
ブログを拝見させていただいてこんな風なのかと
とてもうれしく感じています。
叔父が福山にいますので健在なうちに一度はと思っています。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。