<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無殺菌牛乳製チーズについて
チーズはフランスの多くのAOC(原産地呼称統制)チーズのように
無殺菌牛乳から作ったチーズが理想とされますが、日本では無殺菌牛乳
(山羊乳のこともある)製のチーズの輸入は認められていますが
国内での製造は禁止されています。

ここで少しAOCの説明を。

AOCの認定基準は大変に厳格で
              ① 原産地
              ② その地方に伝わる伝統的製法であること
              ③ 土壌管理
      認定を受けるには非常に厳しい要件があります。

衛生基準は特にEU発足後は近代的な基準になってきていますが、
伝統的な製法については厳格に守られています。AOCの目的は原産地と
土壌の保護にあり、製品が高く売れることで将来的に農業が継承されていく
仕組みを作ることで小規模生産者の保護を図り、国家レベルで食を
文化遺産として次代に繋げていこうと取り組んでいます。
有名なカマンベールもAOCの認定を受けるには無殺菌牛乳で作ることが
義務付けられています。

無殺菌の牛乳には乳酸菌など(有害ではない)菌が生きていて
殺菌した牛乳では出せない複雑なおいしさを発酵の過程で生み出します。
日本でも早く製造許可をと求める声も多いのですが、無殺菌牛乳製
チーズはおいしさの反面、リステリア菌による食中毒のリスク
(フランスでは死亡事故の例もあります)もあり販売者だけでなく
食べる人間にもリスクに関して正確な知識が求められます。
あるフランス人が日本人に「フグのようなもの」と表現したのは
そのあたりの取扱注意!を言ったものです。

フランスではチーズは国民食なので一般人も安全性については
心得ていて妊婦はナチュラルチーズを食べないようです。
(リステリア菌の問題だけでなく青カビのリスクもあるので)
リステリア菌自体は比較的弱い菌で、妊婦や乳幼児など抵抗力の弱い人間が
感染する菌です。日本で作られているナチュラルチーズは法律で殺菌が
義務付けられており保健所がリステリア菌の検査をしています。

気をつけなければいけないのは、チーズ専門店などに売られている輸入品のチーズ
(特にフランス産)です。「au Lait Cru」の表示があるものは、無殺菌の牛乳から
作られているので、妊娠中や体力が落ちているときは食べない方が安全です。

日本でも無殺菌牛乳製のチーズを作れるようにして欲しいという
チーズ職人や愛好家の声もありますが、フランスのように一般人に
知識が普及していない現状を鑑み、もし認可するなら販売店が
正確な知識を持ち無殺菌牛乳製のチーズには「妊婦や乳幼児など
抵抗力の弱いと思われる方にはリスクがあります」という
表示の義務付けが必要なことだと考えています。

ヨーロッパのナチュラルチーズはとかく美味しさだけが強調されますが
食中毒のリスクも周知させて安心して食べるものだと伝えたいと思います。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。