<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
営業のこと
現在お陰様で売行きが高位安定ですが近く数件のお店に
営業をする予定です。電話をかけたら反応も良かったので資料と
商品サンプルを担当にお送りさせていただくことになると思います。

営業は一つのブランドが生き延びでゆくためには欠かせません。
できれば売行きが落ちてからやるのではなく、常に先を見据えて
行う必要があるのです。今回は以前から高い評判を聞いていた
オーガニックショップや今年3月に惜しまれながら閉店したスーパーの
地域にあるスーパーに対してです。良きお店やバイヤーとの出会いは
生産者としての成長のためにも大切なことです。

先日、主人の母校の農業高校から研修に来てくれた男子生徒が
主人に「どうやってこれだけの販路を見つけたのですか?」
と質問したそうで主人は「奥さんがすべて営業をやった」と
答えたら驚かれたそうです。

ところでこのブログで書いたこともありますが農家が
付加価値をつけた農産物を作って売る場合、販路の確保
つまり営業はあたりまえですが自分でやることになります。
最近は県レベルでブランド販売の対策室を設けて知事の
トップセールスなども盛んですが、それはあくまでもガイドライン
レベルで個々のブランドを売ってゆくのは自分自身です。
(自惚れるなと叱られそうですが、せいぜい2年で入れ替わる
ブランド担当の役人より私の方がずっと適性と実績はあると思っています)

資本主義国家ではあたりまえのことを実は県会議員レベルでも
理解されていない方が多くおられるのは困りものです。

というか付加価値をつけて何年も続くブランドにするには製品の良さ
営業力、デザインや企画力、会話や文章力など気が遠くなるような生産者
努力と運と才能が必要なことをまったくわかっておられないんだろうなあ。
(この程度の農業の理解で知事選に出ても絶対に無理だと思います。)

話が脱線しましたが、長く続くブランドのためには綿密な
リサーチのもとに営業は欠かせません。
口コミなどに乗るのもまずは販路に乗ってから。
営業のたびに相変わらずドキドキですが息子のためにも頑張りますよ。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。