<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスチャン・フェラスのこと
趣味ブログで書いた記事の改訂版です。

母鳥が最初に抱いた卵を自分の子供と思うように
子供時代に最初に聴いた演奏は良くも悪くもその後の
自分の中のスタンダードになるように思います。
クラシックフリークだった父の所有する膨大なLPの
中にもそんなレコードがありました。

チャイコフスキーピアノ協奏曲第一番 エミール・ギレリス
メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲 クリスチャン・フェラス

その後数え切れないほどの素晴らしい演奏家のCDを
所有してもメンデルスゾーン=フェラスは私にとって絶対です。 

パールマンやクレーメル、チョン・キョンファや五嶋みどり
など現代のスター演奏家の情熱を前に出した演奏と比べ
フェラスの演奏は端正で繊細。典雅という言葉がそのまま
あてはまるスタイルです。



フェラスはいわゆる天才少年で12才で音楽院を首席で卒業。
10代で既に一流演奏家でした。
ターニングポイントは1964年からのカラヤンとの共演で
シベリウスやブラームスの協奏曲の名盤を残しました。

ただ不幸なことに興行的には成功したものの音楽スタイルの
全く違うカリスマ指揮者カラヤンの個性にフェラスの繊細な
美質は潰されたと指摘する声も多く聞かれました。

子供の頃から一線にいたストレスから飲酒に走るように
なったフェラスはパリ音楽院でも教えましたが1975年以降
ほぼ引退状態で1981年9月14日自らの命を絶ちました。
まだ48才の若さでした。

これはタイスの瞑想曲を演奏する若き日のフェラス。
繊細でフランス的な古き良き時代のロマンの香る
演奏は今も私の心に忘れがたい印象を残してくれます。

奇しくも9月14日は息子の誕生日です。
フェラスの命日を忘れることはきっとこれからもないでしょう。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。