<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一点主義
昨日の報道番組「ワールドビジネスサテライト」では広島のパン屋
八天堂の大人気のクリームパンの非常に興味深い特集をしていました。

八天堂 HP

八天堂は昭和8年創業の広島の三原にある町のパン屋です。
ここのクリームパンは品川駅のエキナカで行列ができる大人気。
東京での評判は広島に逆輸入されて本店もあっという間の売切状態。

行列ができるだけなら興味がわかないのですが、八天堂が小さな
田舎の手作りのパン屋の原点に立って、自分の手に負える範囲での
パン作りと販売をしていることに強く心を惹かれました。
八天堂の商売の特徴は

 ① 商品はクリームパンといくつかのバージョンのみ

 ② 東京は品川のエキナカ店のみでむやみに出店しない。(その他神戸店)
   あとはデパートなどの催事。

 ③ すべてパンは広島で委託でなく自社で手作り。包装も紙袋で
   手で行っています。 

三代目の社長は私と同世代と思われますが神戸のフロインドリーブで
修行されたパン職人で、なかなかに聡明そうな方でした。

八天堂も一時は販売店を増やしパンの種類も100種を数えた時期が
あるそうですが、競争が激しい中、店の個性が打ち出せずさらに
作り手の思いが100種類に分散してモチベーションも上がらないことから
現社長の英断でクリームパンの一点主義に変えたそうです。
一点に絞ったことで、おいしい製品作りに集中できるようになり
熱狂的なファンが増えたようです。

一点主義にしてゆくまでの経営者としての葛藤は私もよくわかります。
私も大手メーカーが次々と新製品のヨーグルトを出してゆく中このままで
いいのかと悩んだこともありました。ビンのデザインも変えたほうがいいのか
本気で悩みました。バイヤーの方々の酪農家らしさを大切にという助言もあり
何より、資金も牛ないし牛を飼いながらこれ以上の体力がないとある意味開き
直って新製品より今のヨーグルトを大切にしてゆこうとある時期から
腹を据えたことが何とか12年続いている原動力になっています。

八天堂躍進の要因は何といってもおいしいクリームパンという
昭和レトロな製品だと思います。今風のデニッシュ生地は苦手でも
クリームパンは大好きな高齢者は多いですし、無添加のクリームパンは
幼児にも安心して与えられて顧客の年齢層を問わない強みがあります。

今度東京に出張したら品川で途中下車して絶対にゲットしてきます。

PS

クリームパンは流行を問わない永遠の定番で私も大好き。
流行の半熟カステラはちょっと甘さがくどすぎてちょっと苦手。
古き良き時代のカステラのように続いてゆくのは難しいかも。(汗) 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こだわりの一品
けいさん、こんにちは。

早速、八天堂のHPを覗いてみました。
美味しそうなクリームパンですね。

一番に目を引いたのは包紙。
「お客様の「おいしい」と言ってくださる顔を創造しながら一つ一つ丁寧に包んでいます。」というメッセージが込められているような気がします。

手広く色々な商品を作るよりも、「これだ!」という物に絞るのは経営者として大変な覚悟をもたれたことでしょうね。でもその決断が、根強いファンを持つまでになったのだから、クリームパンの味も絶対すばらしいんだと思います。素朴で、懐かしくて、また食べたいと思わせるようなお味なのかな。。。
是非後日クリームパンの感想をお聞かせ下さい。

昔、私の実家の近くにも一軒の和菓子屋さんがありました。そのお店の看板商品は「くるみ田楽」という胡桃を混ぜ込んだおもちにきな粉がかかったすごくシンプルなものでした。事業を広げすぎたのか何なのか理由は分かりませんがいつしかお店がたたまれてしまいました。ところが2~3年前にお店を再開されて(昔のような大きな店構えではありませんが)現在は「くるみ田楽」をメインに小さな販売店みたいな所で売られています。また、宮崎のお土産として空港でも売られています。アメリカへ戻る時に必ず職場や友達に買ってくるのですが、素朴な味が受けてあっという間に箱が空っぽになるんですよ。

けいさんも、こだわりのヨーグルトとチーズをいつまでも作り続けてくださいね。
日本に帰った時には絶対に食べたいので。。。今から楽しみです。
namirioさん
八天堂は地方のお菓子屋のモデルケースに
なると思います。
但し運がいいという前提もありますけれどね。

パートがいても小さな個人企業は作れる量も
限界があります。
限界を見据えながら自分が楽しく作れるペースを
決めてゆくのが小さな企業の醍醐味かなと思います。
5個で千円とキリがいいのもグッドですね!
ありがとうございます
けいさま

㈱八天堂の石岡と申します。
誠に勝手ながら、ブログを拝見させていただきました足跡がてら、コメントを残させて頂きます。
ご了承くださいませ。

さて、けいさまにご紹介いただきましたとおり、我々は手作り、手包み、お手渡しのこだわった商品づくりをしてまいりました。

一点集中したその想いを多くのお客様に喜んでいただける今の状況を大変嬉しく、またありがたく考えております。

これからも、八天堂にしかできない、つくれないスイーツパンづくりに精進してまいります。

何卒宜しくお願い申し上げます。
八天堂さま
石岡様

うれしいびっくりのコメントありがとうございます。
実家の父は広島の出身です。(福山に叔父もおります)
そんなこともあり御社のご活躍をとてもうれしく思っております。

少し大きくなるとすぐに委託製造に走る会社の
多い中「売り切れごめん」を貫く八天堂さまの姿勢には
同じ作り手として共感を覚えました。

是非品川に行きましたらゲットします!
これからもお互いに良い製品を作っていけるように
頑張りたいですね。ありがとうございました。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。