<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資金繰りについて
2~3ヶ月内に若い初妊牛(お腹に初めての子供を妊娠している牛)を
1頭売却する予定です。

理由はとにかく仕事が忙しくこれ以上牛を増やせないことと
若い育成牛が多いこと、そして現在は初妊牛の価格が高いことから
時期的にも売却のチャンスだからです。この売却代金(約40~50万円予想)
はチーズ工房の空調工事の資金になる予定です。

ところで、酪農に限らず資金繰りを上手くやっていくことは
経営をするためにとても大切なことです。
現代農業の連載をしていた時に、編集者に開業資金の調達に
ついて詳しく書くことを求められましたが実際に経営をしていると
開業資金以上に大切なのが、設備投資などの資金繰りをいかに
上手にできるかだと感じています。

うちの場合は収入源は牛乳の出荷代金 + ベーベ工房の売上 
を基本にF1子牛の販売代金と牛の売却価格となっています。
後者二つは地代や機械の修理費等に充当することがほとんどです。

ベーベ工房を軌道に乗せるまでに活躍した一種のつなぎ資金が
私の個人名義の預金でした。別に隠匿財産でも何でもなく
結婚前にOLをしていた時の貯金に結婚後も給料の中から積立を
しておいた預金です。自分の自由になる貯金があったことで
補助金に頼らずのびのびと商売を軌道に乗せることができたと
思います。私の20代はバブルの全盛期で給料もボーナスも右肩
上りの上に金利も高く、ある程度の自分名義の預金を持って
結婚したことが現在にまで繋がりました。

3年前は業務用の冷蔵庫に200万円、中古ですがフォークリフトに40万円を
一括払いしてかなり懐が厳しくなりましたが、この時も牛を時期を見て
市場に出すことで何とか資金繰りをすることができたと思います。

傍から見れば酪農家のブランドは情熱と技術があればできると
思われるのでしょうが、決して牧歌的なものではなくいかに上手く
資金繰りをして予想外の出費に対応できるかが続けて行くためには
大切なことだと身をもって感じています。
すべてを借金に頼っていたら小さな酪農家などすぐに瞑れます。

かのナイチンゲールがどうしてクリミア戦争の兵士の
看護を経て近代看護学を確立できたかご存知でしょうか?
彼女の情熱とヴィクトリア女王の支援の他に上流階級の
裕福な生まれだった彼女が必要な資材をなかなか買ってくれない
官僚に代わって時に自腹を切ってまで兵士たちの食糧や医薬品を
提供したからです。夢を実現して継続してゆくためには絶対に
健全な金銭感覚と自由に使える預金は必要です。

ベーベ工房の売上が安定してからはほとんど私の個人預金の
出番はなくなりました。その代わりこの預金を使って秋に初めての
一泊ですが京都旅行に家族三人で行ってきます。

シビアなお金の話をごめんなさい。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

避けては通れない。。。
けいさん、こんにちは。

いやいや、金銭的なゆとり何かを始めよう、または、現在事業を行なっている方には必要なことですよね。

都市部から地方へ移って農業を始める方も地域の招致活動などで増えてきていますよね。過疎問題や荒れた農地を活用する為地方は必死になって人を呼び込もうとしています。肇の5年くらいは農地を入植者へ貸し出し、その間に農業で自立できるようであれば定植してもらうとか。。。退職された方や脱サラリーマンの方が多いようですね。体験期間?(いろいろな入植の為の待遇が終わった後)を過ぎた時に必要なのが、万が一があった際の「蓄え」がきちんとあるかどうかだと思います。

この例えだけでなくても、事業をする際には資金が有るか無いかその後の運営を左右しますから避けては通れない問題ですよね。

私はまだアメリカの大学へ行った時のローンも残っているので、独立は出来ないだろうな~。
やりくり上手なけいさんは凄いです。
namirioさん
どの事業でも自己資金は必要ですがいわゆる「農家の嫁」
の苦労には若くして結婚したため自己名義の預金がないことも
あったと思います。
特に新しい事業は親世代は反対なので親に泣きつくわけには
いきません。(汗)農業はやる気があればといっても
現実はお金も必要です。お金というと夢に水をさすようですが
自分のお金を持つことは環境に潰されないで生きてゆくには
必要なことだと感じています。

無駄遣いも多い私です。(滝汗)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。