<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
First Inpression
何だかノウハウ本のような書き方ですが第一印象はすべての分野で
本当に重要だと思います。

就職活動も恋愛も実は第一印象で決まる部分がものすごく大きいそうです。
人間も動物なので理屈や理論より本能に訴えかける情報を信用
するのかもしれませんね。

商売も第一印象が大切です。商品のデザインも口にしたときの
味覚からの印象も。取引先とのお互いの印象も。
小難しいブランド戦略よりもこのあたりの感受性を鋭く
しておく方がよほど大切だと思います。

第一印象といえば芸術も同じく。
私が第一印象という言葉から思い出すのがバレエ「ドン・キホーテ」
の冒頭部分。ヒロインの旅籠屋の娘キトリの登場シーンです。
ここの印象が悪いとこれから2時間以上もこの作品につきあうのかと
客席でどんよりしてしまいますが、はじけるような魅力のキトリに
出会えると一気に作品に気持ちが入ります。

YOU TUBEでもこの場面で多く取上げられているのが
この1983年のアメリカンバレエシアターのシンシア・ハーヴェイの
キトリ。(バリシニコフ競演。DVDも発売されています)




この踊りを見てしまうと他のキトリの90%以上は物足りないかもしれません。
ボリショイなどのロシアのダンサーは舞台装置もあるのでしょうが
技術は高いのにちょっともっさりと垢抜けしない印象だしかのギエムは
大柄なダンサーということもあり若干の動きの遅さが気になります。

シンシア・ハーヴェイのキトリはまず動きのスピードと切れの良さ
そして明るく男にももててコケティッシュな町娘の性格が
動きだけで伝わってくる演技力。どれをとっても絶品です。

私はこの映像を80年代に観てからずっと第一印象というと
いつもこのキトリの踊りが頭に浮かび、理屈より最初に受ける
印象の心地よさを大切に仕事もしているように思います。
本能を心地よく満たす製品も人も悪かろうはずがない。
単純ですがその基準に従った時が一番成功しているように思います。

1957年生まれのハーヴェイは1997年に惜しまれながら引退しました。
理由は「まだ踊れるうちにやめたかった。40才ジャストで引退しようと
思っていた」と誕生日に笑顔で引退宣言して今は教師になっています。
政治家になって母になってもまだ引退しないメダリストとはえらい違いで。(笑)
この気風のよさもあのキトリの演技の魅力の源泉だったのでしょう。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。