fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
殺菌剤のこと
牛乳の細菌数等の検査は今までも厳密でしたが細菌は検査機械の
進化でより厳密な検査が可能になり進化した分、より厳しい指導が
組合から入るようになりました。

先日の組合からの配布物には次のように記されていました。

 生乳に直接触れる可能性がある部分(搾乳直前の乳房の清拭及び搾乳器具
 バルククーラー)の殺菌には食品衛生法で認められている塩素系殺菌剤を
 使用すること


もし生乳から基準値を超える濃度でDDAC(塩化ジデシルメチルアンモニウム)
等が検出された場合、牛乳乳製品の回収となり甚大な損害が発生します。
もし今後使用する時は。説明書通りの希釈割合を厳守することと
使用することは自己責任だと明記。

つい最近まではパコマなどDDACを含む殺菌剤が多く使用され
うちも数年前まで(もちろん希釈量は厳守の上ですが)使用して
いましたが現在は塩素系殺菌剤を使用しています。

検査の機械や試薬の進化により以前であれば検出されなかった
薬剤の残留物も検出されるようになりました。
野菜や果実の残留農薬も厳しく検査をしていますが牛乳の
検査もより厳しくなっています。

牛乳は毎日集乳車が持っていくのがあたりまえだと思ってしまうのですが
バルククーラーがちゃんと低温度に管理されているか夜寝る前に
点検に行き特に雷雨の夜は気を使います。
牛乳を出荷するという酪農家にとって一番の基本は実は一番シビアなのです。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる