<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
God save the queen
ちょっと仕事から離れた話題を。

先日NYで開催された国連総会で、英国のエリザベス女王が53年ぶりとなる
国連でのスピーチをなさいました。84才になられた女王ですがお元気そうで
さすがの気品とクィーンズイングリッシュの美しさに圧倒されました。

息子はニュースで放映された若き日の女王の美しさに圧倒されたらしく
しきりに画像を見たいと懇望するので、下記の画像などいくつかを
見せながら英国史の初歩を教えたら興味津々。私自身も体調の悪い中
良い気分転換になりました。




1926年生まれの女王は私が生まれたときからずっと女王でいらしたので
私にとっては女王といえばまずエリザベス女王というほどのイメージです。
1929年生まれのアンネ・フランクが「アンネの日記」の中で憧れを
こめてエリザベス王女(当時)と妹のマーガレット王女のことを
記述していますが、アンネもあのような悲劇がなければ今も存命だった
かもしれないと思うと女王の生きてこられた時代の過酷さを思います。

いついかなるときも凛とした気品を湛えて公務に励む女王の
お姿をテレビで拝見すると、女王であることは王族に生まれれば
あたりまえにできるものだと浅はかにも思っていましたが
近年は日本の皇室も含めどこの国でもロイヤルファミリーのスキャンダルが
公然化し強いプロ意識がないと国王(女王)はおろかロイヤルファミリーの
一員としての職責も果たせないものだとある種の感慨を持って
エリザベス女王の国連でのスピーチの映像を見ていました。

息子は若き日の女王の姿にうっとりして、女王の父君が
ジョージ6世で高祖母がヴィクトリア女王などあっという間に
子供特有の興味で覚えました。思わぬきっかけの息子の英国史への
開眼となりました。女王は秋には初めてのひ孫が誕生予定で
孫のウィリアム王子の婚約も近いと報道されています。
いつまでもお元気で女王らしいお姿を見せていただきたいと
心から願っております。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。