fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
食べることでは裸の王様になりたくない
銀座の老舗イタリアンに伺った時に料理長に銀座は都会なので
ナチュラルチーズの使用量が多いのか聞いてみたところ
「あまりにも匂いのきついチーズは特に会食やパーティでは
敬遠されるので特に希望がない限りあまりにも個性的なチーズを
お出しすることはない」ととても印象的な答えをいただきました。
本当の食通ほど正直に嫌いなものや苦手なものを伝えられるのかも。

最近はチーズ専門店ではフランスやイタリアから相当な種類の
チーズが輸入され国内でもチーズ愛好家たちに普及していますが
ごく一般的な消費者にはまだまだ認知されずフランスと同じようには
いかないようです。理由の一つが日本人には強烈すぎる匂いのチーズが
多いことだと思います。テーブルに置いただけで部屋中がチーズの匂いで
蔓延するほど強烈なものもありますから。

チーズ職人の妻なのに本音を書いてしまいますが、どうしても苦手なチーズは
無理に知識を習得したり食べる必要はないと思っています。
本場のチーズを知らない奴と軽蔑されるのではないかと悩む必要はありません。
どうしても嫌いな食べ物は立派な講釈を受けても苦手なのが人間の本能です。
恥を忍んで書きますと、私はきちんと味付けされた家庭料理の和食があれば
365日幸せに過せる良く言えばトラデショナルな味覚の持ち主です。
だから苦手なものを列挙すると

 ① バルサミコ酢やヴィンコットのイタリア系調味料

 ② 肉の消化を助けるそうですがパイナップルの入った酢豚

 ③ 居酒屋などで出た鶏の唐揚げに勝手にレモンをかけられると
   ひそかに怒りがわきます。

 ④ 最近は減ったけれど中身がレアのハンバーグ
   (90年代に会社の同僚にバカにされたけど焼いてもらいました)

 ⑤ 昭和の人間なのでマヨネーズで味付けしたおにぎり
   (ポテトチップスもプレーンかのり塩のみ)

私も十分すぎるほどトラディショナルですが、劇作家の野田秀樹さんも
パイナップル入りの酢豚を罵倒し、スマップの慎吾くんは勝手に唐揚げに
レモン果汁をかける奴は許せねえ!とテレビで言っていたので案外
こういう人間は多いのかもしれませんね。

食べることは本能だし健康にも直結するので食べるものくらい
楽しく自分に正直に楽しみたいと思っています。
ことにグルメブーム以降、本場ものとか行列ができる店のもの
を嫌いと言ったらおいしいものを知らないと軽蔑されるから
無理にでもおいしいと思わなければいけないと若い頃は無理をすることも
ありましたが、40代も後半になるとふてぶてしくなったのか古いと言われようが
オバサンと軽蔑されようが本当に自分がおいしいと幸せに感じるものだけを
食べるようにしています。

食べることくらい裸の王様の物語のような強迫観念から開放されたいもの。
おいしそうに幸せそうに食べることは見ていて優雅なものすら感じます。
フランスの哲学者アランの言葉に「優雅とは本能の自然な発露をいう」
という至言がありますが、食べることはまさに本能。それだけに明るい
表情を保つためにも大切にしたいものだと思っています。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる