<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな生産者が「売れている」とき
ヨーグルトの大口のお取引が6月下旬からはじまります。
本当にありがたく光栄なお話で心より御礼申し上げます。

ところで生産能力の限られた小さな生産者は「売れる」状況の
時にも生産能力を守り安定した品質の製品を提供するために
守らなければならない一線があり、お取引先にそこを理解して
いただくための努力も大切な仕事の一つです。

大手企業なら生産量を増やすことは簡単ですが小さな特に
手作りの製品はたくさんの注文に嬉しい悲鳴をあげつつも
簡単に生産量を増やせないジレンマを抱えることもあります。
そういう時は心で泣いて状況ですが安定した
取引のために私は次のことを理解していただくことにしています。

 ① 酪農家が作る製品なのでヨーグルト、チーズとも週に
   一回しか生産ができないこと

 ② ヨーグルトはタンクの容量が250リッターがMAXで
   安定したおいしさのためには230リッターが限界であること

 ③ 製造日の関係上納品日の前週土曜日までに発注をいただきたいこと

大企業のように②が軽々とクリアできればどんなに物心ともに
幸せかと思いますが、その後の取引を安定してスムースなものに
するために担当バイヤーにご理解いただくことに心血を注いできました。

「売れている」というと生産者に100%イニチアチヴがある状況を
想像する方も多いでしょうが、私たちのような家内工業レベルの生産者には
決してそうではありません。取引先にある種の不便を甘受していただきながら
こちらも利益を上げてゆくためのキーワードは一にかかってこれです。

 「ご不便をおかけしますが、良い製品を出すために努力します」

話題がそれますが、源氏物語の後半に「竹河」という巻があります。
内容は本編でのヒロインの一人玉鬘(たまかつら)が未亡人になっての奮闘記。
政界実力者の夫の死後、娘をお妃に上げるために玉鬘はさまざまな方面に
頭を下げ自分の家の立場の理解を求め奔走する日々を送ります。
自分の家を守り凋落させないための努力は優雅な王朝時代も同じだなと
竹河の巻を読むたびに何だか勇気を与えられます。

お友達でもある辺銀さんの石垣島ラー油は8ヶ月待ちでも個人客は待って
くれるようですが、プロ同士の取引はスムース&スピードが基本。
小さな工房を続けてゆくための奮闘はこの先もずっと続きます。

 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。