<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後代検定のこと
宮崎の避難させたスーパー種牛の6頭のうちエースの忠富士は殺処分に
なりましたが残る5頭は現在のところ陰性で私も無事を祈る毎日です。
東国原知事は49頭の事業団の種牛については国の圧力もあり殺処分に
同意されたとも聞きますが、全国から助命嘆願が寄せられています。

鹿児島は既に種牛を離島に避難させ兵庫も検討中とのことです。
何故これだけ種牛にこだわるか一般の方にはわかりにくいかもしれませんので
私が理解している範囲で後代検定のことを書こうと思います。

後代検定とは優秀な遺伝能力を子孫に伝える種牛を選抜することです

私は酪農家なので乳牛の種牛を例に書きますと下記の家畜改良事業団の
サイトにあるように

 ① 種牛の候補牛を選ぶ(血統の良いいわば選ばれた母牛に実績のある種牛を交配して
   生まれた若い雄牛が候補牛になります)

              ↓

 ② ①の種牛を牛群検定参加農家(うちの牧場もその一つ)の雌牛に交配して
   生まれた娘牛について成績のデータを集める。候補牛の種をつける事を
   「フィールドをつける」と呼んでおり、一種の実験でもあることから
   娘牛が生まれたら補助金が出ることになっています。
   
              ↓

  ③ 娘牛のデータはその娘牛が母牛になりどのくらいの乳量や乳質の牛乳を
    出して経済効率はどの程度か、気性的なものはどうか(搾乳の時に暴れるかなど)
    などが審査の対象になりそのデータを種牛毎に集計する

              ↓

  ④ ③のデータを元に種牛として登録する候補牛を選抜する。
    (最終的に選ばれる種牛はごくわずかな数です)
    

乳牛の後代検定事業団HP

肉牛の場合は生まれた子牛を育てて肉にしたときの脂肪やサシの入り方
体重増加はどうか、丈夫で育てやすいかなどのデータを元に候補牛から
絞り込み最終的に登録をする種牛を決定します。

後代検定はこのように二世代にわたっての作業となるため
東国原知事の「種牛を育てるには最低でも5年以上かかる」という
発言になるのです。さらに種牛の中でも優れた能力を伝える牛は
本当に一握りです。だから優れた種牛は財産、宝と呼ばれることになり
今回の宮崎の口蹄疫でも何とか5頭でも守りたいという思いは畜産関係者
共通の悲痛な望みとなるのです。畜産は数年サイクルの壮大な農業と
いうことをご理解いただければ幸いです。

サラブレッドの場合、競馬のレースのひとつひとつが後代検定です。
だから種馬になれるのはG1を勝ったり超良血であるごくわずかな馬です。
大半は肉になり去勢されて乗馬になれれば恵まれている方です。

畜産は命を育む仕事でありますが、それは厳しい淘汰思想と表裏一体なのです。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。