<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志の高さが分けるもの
消費不況とデフレで百貨店だけでなくスーパーマーケットも
厳しい状況が続いています。

ベーベ工房の製品は比較的高級なスーパーやオーガニックショップに
扱っていただいていますが、12年のうちには残念ながらお取引を終了
(閉店も含め)したお店もあります。
それは大手企業といえど同じことなので一喜一憂していられませんが
そんな経験を積み重ねて初めて見えてきたものもあります。それは

一見同じような製品を扱っていても、スーパー自身と製品の成長を
分けるものはスーパー自体の志の高さの有無による。


ということです。

プロのバイヤーもそのように分析されていますが規模や立地条件以上に
それなりの見識を持つ消費者の心をつかむのは経営者の志の高さです。
経営者の志の高さは社員やパートにもストレートに反映します。
それが結局は売上にも多大な影響を及ぼしています。

以前このブログで書いた高崎のスーパートミーさんがまさにその
典型です。中規模でしかも一店舗だけ。
でも群馬ではトミーで扱う製品の品質の高さは有名でプロの料理人にも
支持する方が多い店です。

スーパートミーのこと

私が「見せかけの高級スーパー」と心中ひそかに名付けているスーパー
の形態があります。それは一つの会社が安売りスーパーと高級スーパー
果ては安さで売る飲食店を同時経営している店です。
(たまに、高級スーパーを傘下に入れても店の独自性を尊重して
 いる会社もありそのような場合は除きます)
人間の志は案外単純なもので、店の形態ごとに使い分けるほど
器用ではありません。本当に安全でまっとうな製品を扱うことは
片や値段で勝負!の製品を扱いながらその傍らでできることでは
ないと思います。

生産者の中にはこれから自ら営業をされる方もおられると思います。
ささやかな助言ですが、本当の高級スーパーかどうかを見分ける目は
しっかりと養うことをお奨めします。
紀ノ国屋がJR東日本の傘下に入る時代です。今後大手に吸収される
店も増えると思われる現在、自身がバイヤーならどうやって製品を
選ぶかシュミレーションしてみるのもいいかもしれません。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。