fc2ブログ
<<01  2024,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
「100までは生きたくないわ。お品がないもの」
いきなりお叱りを受けそうな題名ですが、これはフランスが誇る大女優、
フランソワーズ・ロゼー(1891~1974)が82才の人生の幕を閉じる直前に、見守る人々に
言ったという言葉です。

ロゼーは舞台と映画の両方で喜劇から悲劇まで名演技を見せた大女優です。
大ぶりで華やかな美貌は「これぞ女優!」と声をかけたくなる美貌です。
(イメージとしては鳳蘭や麻実れいをフランス風にしたような感じ)

全盛期が第二次大戦中ということもあり、私は彼女の映画は1935年製作の名作
「女だけの都」しか観た事がありません。
この作品は彼女の夫、ジャック・フェデー監督で彼女は美貌で度胸のある町長婦人を
演じこれまた名優の誉れ高い生臭坊主役のルイ・ジューヴェと丁々発止のコメディを見せて
くれます。白黒のバリバリに悪い画質からも彼女のあでやかな魅力は伝わってきます。

ロゼは伯爵の娘に生まれ、正式に演技を学びました。ジャック・フェデー監督と結婚し
3人の息子を出産。戦時中はナチから逃れスイスに亡命。
そこで演技を教えたりしますが、亡命先で夫は死去。
息子たちを育てながら戦後もフランスの演劇界に大きな足跡を残した素晴らしい女優です。
その彼女が死ぬ時に言ったのが

  「100までは生きたくないわ。お品がないもの」

という言葉。きっと死の床でも人生を悔いなく
生きてあのあでやかな微笑を浮かべて言ったのではないかと想像します。


後期老人医療で日本を支えてくれてきた世代の老人たちが本当に辛い生活を強いられて
いるのをみると辛くなります。

ロゼのようなユーモアある言葉を残せるような老後を保障してあげるのが国家の役目だと
私は切に感じています。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる