<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜んでいただくために
昨夜、グローバル化を掲げる日本の大手企業の特集を
テレビで見ましたが、グローバル化も進みすぎると
非常に希薄な人間関係を生む危険があり素人考えですが
食の仕事には、グローバル化よりも古き良き日本の
ある程度濃密な人間に対する感性が企業レベルでも必要だと思います。
食べるものを作って売るということは人の命を預かることだからです。

ところで、私のように個人規模の商売をしていると
自分の製品を売ることも、自分で選んだ贈り物を誰かに
お送りすることも相手に喜んでいただくということでは
全く同じだと感じることがままあります。
そのような感性の元に仕事をしているので机上の卓論の
マーケッテング論で食の仕事を論じられると気持ちがついてゆきません。

私とてもちろん仕事では利益率などを考えて損はしない
仕事はしますが、仕事の最終目標は?と聞かれれば利益と
同じくらい大切なのが「おいしかった」「嬉しかった」
という言葉です。その言葉のために仕事をしているといっても
過言ではありません。

「おいしい」「嬉しい」の言葉のためなら私は脳内で
自己流マーケッティングを緻密に行います。
仕事上なら糖度は?価格設定は?デザインは?販促ツールは必要か?など。
さらにお店の顧客層、配達サービスがあるか、ワインは置いているかまで。
自分が贈り物を送る側の時は、相手の好み、家族構成、ラッピング
送る商品の評判、さらに一生の節目となる折の大切な贈り物なら
熨斗はつけてくれるか、贈る品物の格が相手の人生の重みに
ふさわしい品位を備えているか、名前が縁起が良いかetc....

このようなある種のエンターティメント精神は自分を豊かにしてくれて
仕事上でも貴重なデータとなっています。
私は、これからもずっとおいしい、嬉しい、の言葉のために
アンテナを張って素敵な感性を蓄えることに生きがいを感じるでしょう。
グローバル化もいいけれど、どの業種も特に食の仕事は
人間の笑顔を想像するある種のゆとりが欲しいものだと願っています。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。