<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商魂について
義父の逝去から1週間がたちました。
だいぶ落ち着いてきましたが、驚くのはダイレクトメールが
毎日山のように届くこと。石材屋、法事用の料理屋や会館、仕出屋。
新聞のお悔やみ欄には自宅住所が掲載されるので喪主の主人宛に届きます。
横浜は大都市なのでお悔やみ欄は新聞にはないので、22年前に父が
亡くなったときはこんなダイレクトメールは来なかったので驚いています。
これらの業者にとってはお悔やみ欄は商売用の貴重なデータベースなのでしょう。

         「商魂たくましい」  

という言葉があります。がめついとかしたたかなどのいささかマイナスな
イメージのある言葉ですが、商売をしていると嫌でも「商魂」というものに
向き合うことになります。はっきり書くとこの商魂をどのように表現
するかで仕事人としての品格が決定されると思います。

かくいう私も、スーパーに行けばここにベーベ工房の製品を置けるか
とイメージしますし、きれいなしおりやパンフレットを見れば
ファイルして仕事の参考にしたり普通の主婦よりは商魂のカタマリ。

商魂は自分のエゴと金銭欲を露骨に出すと人間関係が壊れたり
企業イメージ損なうので注意が必要です。
でも仕事のためにきちんと礼儀をわきまえた上なら
お願いをしたり正面から頭を下げることは恥じることではないと
割り切って考える度胸も必要だと思います。
必要以上にへりくだって利益はどうでもいい、と言うのも
どこか貧相で印象が悪くなるので注意が必要です。

代々商売をしている家に生まれた方にはため息がでるほど
商魂の表現の仕方の達人もいらっしゃいます。
笑顔、言葉の表現、お辞儀の仕方などどれをとっても
愛想が良くそれでいて卑屈さがない。
私は役人の娘で商売人の血は一滴も流れていないので
このあたりの表現の加減がわかるようになるまで10年以上かかりました。

吉行淳之介さんがエッセイの中で銀座のホステスとスマートに
遊んで際どいジョークでもセクハラと言われず逆に魅力にさせるには
10年の年季がいると書かれていましたが、ときどきこの一節が浮かんで
私の努力目標になっています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。