<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直売所について
ベーベ工房の製品は直売所には一ヶ所しか出していません。
所属の農協が運営する直売所です。
直売所はここしか知らないのですが、県内の民間会社が運営する直売所に
比べてかなり生産者への条件も運営も納得できるものになっています。
マージンは20%以下と押さえられていることはありがたいと思います。

直売所の多くは委託販売形式で売残ったものは生産者が持ち帰ります。
完全買取のスーパーと違い直売所はロス分のリスクを背負いません。

製品ごとにマージン率は違いますが、私たちの製品はほとんどの店で
マージン率30%で扱っていただいています。例えば原価140円
売価200円なら30%のマージン率となります。
私は取引先の数人のバイヤーから「ロス分を考慮して30%」と
教えていただいたのですが、完全買取なら妥当な数字でしょう。

昨日、連載を読んだという地元の農家の方にお電話をいただきました。
そのときに地元の民間の直売所のマージンが委託販売なのに30%以上
東京店だと運送料があるので30%以上と聞いて驚きました。
それから、これはここに出荷されている方から聞いた話ですが
出荷した数に対して、売れた数と持ち帰る数が合わないことが
あるそうで、電話を下さった方も同じことをおっしゃっていました。
悲しいことですが万引き及びその管理にもうひとつ信頼ができないと。

現在、全国的に直売所ブームで年商数億円という直売所もあります。
ただ、私は売残りのロスを負わない直売所の場合、本当の実力を
売上額だけから判断することには疑問を持っています。
ロス分の負担を負うことになるスーパーの方が店自体の努力も
感じます。(万引きなど大きな打撃になりますし)

私はスーパーのバイヤーによって育てていただきました。
自分で選んだ品を仕入れてロスを少なく売るのは大変な仕事で
それだけに彼らの食への見識や売るための工夫は高い技術があります。
直売所は全ての責任を自分で負わなければならず、場所だけを貸して
もらって30%以上のマージンはちょっと私たちには割に合わないと
思っています。但し野菜や花をやっていたらまた判断が違ったので念のため。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
私の出している、JA金沢市のほがらか村は手数料は15%。
これ以上高いと、双方折り合いがつかないでしょう。
30%とは考えられません。やはり都会の直売所は、スーパー並みですから、
その数字も想像つきます。しかし、いなかでは、無理です。
直売所によって、いろいろあります。時間帯で、手数料を変えるところもあるくらいです。要は、いままで、少量農家が、市場から、叩かれたのを思えば、自分で値段のつけられるて、それなりに、収益が手っ取り早くあげられる。直売所は、農家にとっても、魅力です。これを書いたら、きりがない。あとは私の、ブログでどうぞ。

農家さんのロスが出ないように、主要作物については、営業という形でホテル、
病院などに売り込んでいます。売り場を商談場所にして。一応努力をしていますよ。
JA金沢市は、今度4店舗目の直売所を立ち上げます。
大農家も、直売所へシフトしてくるでしょう。少量農家の挑戦はいかに。

それにしてもべーべ工房のチーズが、直売所で買えるなんて、夢みたいな話です。
毎日が勝負の酪農家さんには、頭が下がります。
野菜農家なんてそれに比べたら、気楽なもんです。
今度ありがたくいただきます。
ダリアさん
この直売所は民間の会社の運営で県内では
有名ですがモラルもちょっとと言われている会社で
JA運営のものとは違うかもしれません。
直売所に置いているのはヨーグルトでチーズはあまりが出たときに
少しだけです。直売所では野菜と違い売れなかったから高級スーパーを
選んだのです。現代農業を読んだと言う地元の農家数人から
電話をいただきました。言葉の端々に今は直売所だけなので
取引先を紹介してくれのニュアンスを感じて丁重にお断りしています。
営業は自分ですべきだし、できないなら卸の専門に頼む。
これが原則だと思うのですが。私よりダリアさんの方がきちんと考えておられますよ。
これは友人限定ですが、別の趣味ブログでの私のほうがずっと自分らしいな
と思っています。v-398
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。